人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

震災6カ月 都立鷺宮高等学校「奉仕の授業」で 被災地を語る

e0088256_0453654.jpg震災後、半年が過ぎ、ともすると人々の関心事の中心から 震災が薄れつつあるようにも感じられるこの頃ですが、今日は、中野区にある都立鷺宮高校1年の奉仕の授業「防災・災害救助」の一環で招かれ、公演をしてきました。
この半年間、私たちが 現地でのボランティアや取材を通して、被災者の方から直に伺った被災状況や復興への取り組み、和合亮一さん 長田弘さんの詩の朗読などをさせていただきました。

廊下ですれ違った生徒の皆さんは いかにも都会の現代っ子らしくおしゃれです。
そんな、若者たちが 被災地の話に どのくらい関心を持ち 耳を傾けてくれるだろうかという思いもありましたけれど 心配は まったくの杞憂でした1時間余りの公演中、生徒の皆さんは とても静かに 熱心に耳を傾けてくれていました。
e0088256_0381434.jpg
また、終演後、すぐ舞台そでの私たちのところへ「テレビで見てはいたけれど、あんまり深く考えたことがなかった。自分も何かできることがないか考えてみます!」など感想を言いに来てくれた生徒さんが何人もいました。
e0088256_22432778.jpg
その中に、福島からご家族で東京に避難してきた生徒さんがいました。その生徒さんは前半津波のシーンの話が出た時には 一旦席を立たれたのですが、又、途中で戻ってこられて、終演後、なんと私たちに「遠いところまでよく行ってくれましたね」と言いにきてくれたのです。

e0088256_22443546.jpg
この瞬間、私たちは、
本当に来てよかったと、今日の秋晴れの天気のように清々しい気持ちになれました。

このブログを 見てくれたら、また、感想などコメントして下さいね!


今回の公演は 1年英語担当の長尾先生が 7月の杉並公会堂でのチャリティーコンサートに来て下さって、自校の生徒の皆さんにもぜひ聞かせたいと お招きくださったのでした。
1年生の先生方には 準備から大変お世話になりました。

                              ありがとうございました。
by suimmy | 2011-09-29 01:13 | 学校訪問