人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

カテゴリ:言語能力向上( 65 )

東京に54年ぶりに1月に初雪が降り、沿道の紅葉も震えた先週、
大田区の蒲田にある 大田区立道塚小学校を訪問しました。
e0088256_14382329.jpg


道塚小学校は、東京都教育委員会の言語能力向上拠点校の取り組みとして、
美しい日本語と豊かな心を育てるという目的で 私達スイミーをお招きくださいました

学校の教育スローガン
「夢いっぱい、輝け道塚小」
e0088256_14400180.jpg
という言葉が このように
校舎にも大きく掲げられて
います。
まるで言葉が子供たちを照らして見守っているようでした


 
 道塚小では、日頃から 本と親しむこ  とに力を入れていて、地域の方々のグ
 ループによる朗読会も行われているそ  うで、 廊下には お話の世界を描いた
 絵が展示されていて、その中に スイ  ミーの絵もありました!

 私たちグループの名前の由来となった
 「スイミー」は 子ども達にも人気がありますね。



e0088256_15115491.jpg
 

今回は 学校公開日ということで、保護者の方もたくさんお見えになって、体育館で全校合同で 朗読会が行われました。

 最初の作品は、
 霜月の晩、初雪の降る日に
 灯がともる 幻想的なシ  ーンが印象的な作品。





e0088256_14393384.jpg 2作目は
 お父さんもお母さんも  狼に殺されてしまった羊  が、厳しい修行の末 
 仇を取るお話。
 弱い羊が どうやって
 復讐を成し遂げたのか?
 しかし、復讐を成し遂げ  た羊には 意外な結末が  待ち受けている。という
 ちょっと長いドラマチッ  クなお話をお届けしまし た。 長いお話にも拘わらず
 低学年も 高学年も とっても集中してお話に聞き入っていました。
e0088256_14401951.jpg
 道塚小学校の 長谷川校長は、
 林間学校では こんな風に 子ども達と アスレチック遊具にまたがってしまったり(写真手前) 夏祭りでは 浴衣姿で 盆踊りを誰より率先して踊りまくってしまったりという、
 とっても 明るくて魅力的な校長先生です。
 学校は 今78周年で 80周年に向けていろいろと楽しいプランを考えていらっしゃるそうです。
 校長先生が明るいと 学校全体が 活気づいて来ますね
e0088256_14410807.jpg              
 スイミーも、これから、いろいろな形でご協力してゆくことをお約束して、校長室を後にしました。

 道塚小の皆さん、
 また、お会いしましょう!
                
  

by suimmy | 2016-11-28 23:43 | 言語能力向上


e0088256_16370933.jpg
8月5日(金、)スイミーリーディングシアター「ヒロシマ」
 たくさんの方にご来場頂きまして 誠にありがとうございました。

今年のテーマは、「ヒロシマ」。
e0088256_14204653.jpg

今年5月、原爆を落とした国の大統領が 被爆地を訪れ 慰霊碑に献花し 被爆者と抱擁し
核なき世界の実現を訴えました。
この 歴史的な年に 私達も 今一度 原爆の実相に触れ 体験者の生の声を聴いておかなければならないとの思いで 広島を訪れました。

幸いにして メンバーの川村幸の在籍していたテレビ新広島のご協力を頂き、
旧広島2中の卒業生と、当時、市内の路面電車の運転手をしていた女学生たちのことを良くご存じの方に取材することが出来ました



e0088256_16403829.jpg
写真 浅野温生さん 提供

今回の脚本には、
爆心地近くにいた県立広島2中1年生、2年生の証言。
当時、広島市内を走る路面電車を運転していた女学生たちの記録
e0088256_01233917.jpg

そして 原爆投下の第一報を中央へ送った記者の記録を、
爆心地からの距離と時間を座標軸にしてシンクロさせました。
e0088256_21390086.jpg
(参考資料)日本原爆文学 核戦争の危機を訴える文学者の声明編(ほるぷ出版)

いしぶみ 広島二中1年生 全滅の記録 ポプラ社

「チンチン電車と女学生」堀川惠子著 講談社



取材に応じてくださったのは、旧制広島2中の卒業生で当時2年生だった國重昌弘さん。

同じく広島2中の卒業生で戦後中国新聞の記者をされていた浅野温生さん。

広島電鉄の復興に詳しい加藤一孝さん、さらに お母様が被爆者で現在ピースボラン

ティアをされている粟村智幸さん。 

e0088256_21532013.jpg
 

原爆が落ちる以前の人々の暮らしから、原爆投下直後の惨状。戦後の悩。

広島の復興にかけた 人々の努力とパワー、そして 戦後71年経今の率直なお気

持ちを 直にお聞きして 戦後71年度版の「ヒロシマ」オリジナル脚本を書き下ろ

しました。


e0088256_01363487.jpg


一瞬にして 大切な家族の命を奪われ 家も財産も そこにあった夢や暮らし

全てをを奪われた被爆者の苦しみや悲しみ、辛は いつまでも癒えることは

りませが時と共に戦争が風化し 形を変えてゆく昨今ので、自らの中に封印し

てきた体験を 後世に伝えるために語り出した人もいます。

e0088256_01533610.jpg

現在、平和記念資料館で語り部をしている國重昌弘さんは 仰いました。

「ゲンコツをゲンコツで返しても、またゲンコツが帰ってくるだけだ。この体験を語

ることが 核を封じ込める第一歩になると信じている」と。

 

e0088256_11381104.jpg

それは オバマ大統領の訪問を迎えた被爆者の姿にも表れていました。

謝罪を求めるのではなく、共に核なき平和な世界を発信する中心地としての第一歩を

踏み出したのです。

e0088256_14205547.jpg


演出は 青柳由美子さん。
e0088256_01000771.jpg
戦争という辛く悲しい題材でも お客様が希望をもって帰路につける
そんな舞台じゃなくちゃいけないと 彼女はいいました。
そして、その言葉どおりの作品に仕上がりました。
e0088256_01365728.jpg

そして友情出演してくださった 声優の四宮豪さんの熱演。
e0088256_16391553.jpg

また、若い皆さんにも参加を呼びかけ、原爆資料館からお借りした貴重な映像に加え、女子美術大学付属高等学校・中学校の高3有志の皆さんに絵に描いてもらいました。
e0088256_22035124.jpg

音楽プロデュースは 東恵以子さん。e0088256_16494957.jpg 















東さんのピアノと曾我かおりさんのヴァイオリンの生演奏に加え、幕間のフラッシュ モブやエンディングのコーラスに
杉並の音楽教室「おとの森」や 「アミューズメントメディア総合学院の
若い皆さんに参加していただけたことも
お客様に大変好評でした。e0088256_21175854.jpg
















そしてエンディングは 灯籠の明かりに これらの想いをこめて 「折り鶴の歌」を会場にいる皆さんも一緒に歌いながら、悲惨な戦争という過ちが決して繰り返されることがないようにと祈りました。 
e0088256_21383173.jpg

本公演にあたりましては  照明の菅さん 音響の相川さん宮崎さん 映像の若松さん、そして 共催をいただいた 杉並区区民生活部 後援をいただいた
杉並区教育委員会、 一般社団法人児童夢基金の皆さま。
ご協力いただいた 広島平和記念資料館 賢プロダクション 取材や映像協力をいただいた TSSテレビ新広島の皆さま、そのほかにも たくさんの皆様にご協力いただきました。皆さま 誠にありがとうございました。
e0088256_19242892.jpg




 





 




by suimmy | 2016-08-18 01:56 | 言語能力向上
毎年恒例、夏の平和事業。

今年のテーマは【ヒロシマ】です。

以前にも取り上げたことはありましたが、被爆者がご高齢になる中、改めて、広島に向き合おうと、春先にはテーマを決めていました。

その後、【アメリカ現職大統領初の広島訪問!!】という歴史的大ニュースが付いてきて、図らずもタイムリーなテーマとなりました。

オバマさん訪問一週間前に敢行した取材で集めた被爆者の声、映像、音楽などを盛り込みながら、被爆者の手記を多角的に再構成、Swimmyのオリジナル脚本でお届けします。

熱心に誠心誠意お答えくださった被爆者の皆さんの思いを、キッチリお伝えしたいです。

スペシャルゲストに声優・四宮豪さんをお迎えします。

女性だけのSwimmyの中に、男性の声が交じると、それだけで場が締まり、立体的な舞台になりそうです。

Swimmyリーディングシアター 【ヒロシマ】
●8月5日(金)
 昼の部 15:30~
 夜の部 19:00~  (開場は開演30分前)
●座・高円寺ホール2

詳しい内容、お問合せ、お申込みは
Swimmyホームページ
●トップページ
●先行予約フォーム 
などをご参照ください。(www.swimmy.co.jp/)

写真は、メンバー勢ぞろいで、初稿を読み合わせしている図です。

この先、何度、原稿に手が入ることか!!

必死に、よい舞台を目指しますので、どうぞご期待ください♪♪♪
e0088256_18292434.jpg

by suimmy | 2016-06-03 18:32 | 言語能力向上

広島へ行ってきました!

今年の夏の平和事業のテーマは「ヒロシマ」。
5月21日〜22日、演出の青柳由美子さんとメンバー4人で広島に行ってきました!

現地に立ち、関係者の方にお話を伺い、沢山の事実を体で感じてくる。その経験が朗読に必ず生かされている。。。沖縄のひめゆり学徒隊を題材にした時の取材経験から、今回も現地を弾丸ツアーで訪れました!

広島平和記念資料館で見たのは、あの日、ピカドンに吹き飛ばされ放射能を浴び亡くなった沢山の方々の遺品。焼けこげた中学生の制服もありました。
e0088256_22452431.jpg


原爆ドームを案内して下さった粟村さんは、お母様の被爆体験を語り継ぐために平和記念公園でピースボランティアをされています。
e0088256_22543328.jpg


広島二中の2年生だった國重さん。長い間原爆の話は誰にもしたくなかったそうですが、5年前から平和記念館で被爆体験を語り続けています。
e0088256_22474916.jpg


同じく当時広島二中の2年生で、その後中国新聞の記者をされていた浅野さんのご自宅に伺い、貴重な資料を見せて頂きました。
e0088256_2248188.jpg


路面電車として今も現役で走り続ける被爆電車、651号。
e0088256_22465941.jpg


などなど、沢山の方からお話を伺い、あちこちを撮影し、超過密スケジュールを終えました。

ツアーコンダクターは元テレビ新広島アナウンサーの川村幸!
危うく反対方向の路面電車に乗りそうになったり、平和資料館の建物を間違えたり、ドキドキハラハラの旅程ではありましたが(笑)充実の2日間を過ごしましたよ〜〜。
温かく迎えて下さり、インタビューの段取りなどして下さったテレビ新広島の皆様、ありがとうございました!
e0088256_2249061.jpg


昼ごはん抜きで走り回ったので、
白身魚のお刺身をはじめとした海の幸とビールは最高に美味しかったです💕
e0088256_22493045.jpg


帰りの新幹線乗車前には、イカ天いりのお好み焼きも堪能(^_-)
知識も食欲も満たして広島を後にしました。

71年前に起こった原爆の悲劇。外国人観光客の姿もとても多く、来週のオバマ大統領訪日でも注目を浴びる広島。
e0088256_2250233.jpg

どのようにお伝えしていくか。これからメンバーで考えていきます。

女性アナウンサーの朗読グループ、スイミー夏の平和事業「ヒロシマ」
8月5日(金)座・高円寺にて。

詳細は近日チラシでご紹介します!
by suimmy | 2016-05-25 22:50 | 言語能力向上

日頃、学校公演で、子供達の無邪気さに癒されている私達ですが、ご高齢の皆様のところに伺うと、また別の意味で【元気】を頂きます。

高齢者専用マンション、ボナージュ横浜。
e0088256_23234146.jpg

ご高齢の方190人がお住まいのボナージュ横浜は、10年ほど前から、スイミーをお招きくださっていましたが、16日(土)、久方ぶりにお邪魔してまいりました。
e0088256_23271972.jpg
e0088256_23374282.jpg


再会を喜んでくださる方、初めての方……続々とお集まりくださる皆様にお届けしたのは、雪国を舞台にした藁靴のお話、







浄瑠璃のうまいキツネとイタコのばば様のお話、













そして、人間のどんな我が儘にも無償の愛で応える木のお話の3本でした。
おもしろく、やがて悲しいストーリーに涙なさったり、頷かれたり……。
e0088256_2339418.jpg
【黙読するのと違い、奥行きが感じられた】【ただ読むのかと思ったら、声音を駆使してドラマチックに演じられて、驚いた】など、嬉しいご感想を頂きました。







お話の合間には、皆で声を合わせて【富士山??】を歌い、脳トレとアンチエイジングを兼ねた手遊びをして、リラックス。
e0088256_23414146.jpg
いずれの皆様も、心身ともにお元気で、オシャレで、溌剌とされています。
だから、私達も、【このような歳の重ね方をしたい❗そのためにも、心身のアンチエイジングを怠るまい❗】と【やる気】と【元気】を頂けるのです。

e0088256_23503732.jpg

14階建てのマンション内には、レストランあり、病院あり、美容院あり…と、快適そのもの。
各階のエレベーター前には、お住まいの方々のお手による絵や人形、陶芸などの作品が飾られ、皆さんの充実したご生活ぶりが垣間見えます。

e0088256_0271998.jpg

e0088256_034871.jpg





























生活サービスセンターの杉本さんにご案内頂き、最上階へ。
お天気が良ければ、富士山も望めるという見晴らしのいい景色を拝み、そう遠くない再訪をお約束してまいりました。
??
e0088256_23553075.jpg


皆様、それまでどうぞお元気で
by suimmy | 2016-01-16 23:18 | 言語能力向上
8月3日(日)2時半から杉並区の座・高円寺2で行う杉並区との平和事業共催「伝えよう平和への思い ひめゆりは散っても」
e0088256_20564159.jpg


スイミー初のオリジナル作品となるため、脚本演出に青柳由美子さんを迎え既に入念な準備、稽古をしています。そして今週末はメンバーが沖縄へ取材旅行にいきました!
とは言っても2泊3日の弾丸ツアー、まるまる沖縄にいられるのは真ん中の1日のみという強行軍で、果たして思う様な取材ができるのか多少の不安を抱えながら出発。。。。

4日の夕方那覇入りした3人のメンバー。沖縄メディア界の重鎮を表敬訪問し沖縄料理店で乾杯!珍しいお料理と泡盛に舌鼓を打ち、翌日の作戦会議です。(新手の沖縄民謡のグループではありません笑)
e0088256_20552480.jpg


そして翌日朝8時にはホテルを出発し、海軍司令部壕跡地、米軍施設の撮影を経てひめゆりの塔へ。ひめゆり祈念資料館の内部を説明して頂きながらじっくり回りました。その後ひめゆり学徒隊の生存者、仲里正子さんにインタビューさせて頂くことが出来、一同大感激💦。
手術室で勤務され解散命令の後は荒崎海岸のアダンの林に身を潜めて8月22日まで終戦を知らなかった仲里さん。
「日本は絶対に勝つと信じてました。」「死ぬことは瞬間的には怖くなかったですよ」と穏やかに語る一方「命より大切なものはない、と若い人たちに伝えたい」とおっしゃっていました。
e0088256_20574730.jpg


その後、学徒隊の多くが命を落とした荒崎海岸、学徒隊が南部に撤退してから避難していた伊原第一外科壕、現存する本物の自然鍾乳洞で多くの重傷患者が置き去りにされた糸数アブチラガマ、南風原陸軍病院跡地、ひめゆり学園跡地までを訪ね長〜い1日を終えたのでした。
e0088256_2124860.jpg

e0088256_2141965.jpg


ひめゆり祈念資料館と糸数アブチラガマは本当は撮影NGの場所でしたが、特別に許可を頂き貴重な場所、資料などを取材させて頂きました。
どこの施設も担当の方がとても協力的で予想以上の取材が出来た事に感謝しています。

正直な所、まだ消化し切れていない部分も多いのですが、沖縄の抜ける様な青い空と優しい現地の皆さんから元気を貰い、今年の公演の意義を再認識して東京に戻りました。
まずはしっかりメンバーと共有し作品に反映して行きます。成果は8月3日の座・高円寺2で!!
ご来場を心よりお待ちしております。
e0088256_21124147.jpg

by suimmy | 2014-07-06 20:13 | 言語能力向上
梅雨明けのまぶしい日差しの中、千葉県稲毛海岸にある〜ボナージュ稲毛海岸〜で
「七夕朗読会」を開きました。こちらは、稲毛海岸駅に近いシニア向け高層マンションで、窓から海はもちろん富士山が望めるお部屋もあるそうです。
e0088256_239776.jpg

朗読会の会場は広々としたダイニングルーム。このお部屋では音楽会など様々なイベントが行われているそうで、ちょうど七夕のこの日は、願い事が結ばれた笹がきれいに飾られていました。

e0088256_2392059.jpg

最初の作品は七夕伝説。でも、おなじみの、織姫と彦星が年に一度七月七日の夜にだけ会うことが許される、というお話ではありません。今回ご紹介したのは、兄妹が主人公の中国に伝わる古い七夕伝説です。
悲しくも優しいお話に、皆さん熱心に耳を傾けてくださいました。

e0088256_2392535.jpg

お話の後は、♫笹の葉サラサラ〜♫と七夕を歌で楽しみ、続いて腹式呼吸と滑舌練習を兼ねたワッハッハ体操。大きな声が出たところで「夏の想い出」を合唱。美しいハーモニーがダイニングルームいっぱいに広がりました。

e0088256_239362.jpg

一息入れて頂いて昔話の「でたらめ経」を始めようと思ったら、ここでハプニングが・・・このお話になくてはならない鉦をたたく棒(撞木)がないのです・・・汗をかきかきゴソゴソ捜していたらテーブルの下にコロンと転がっていて一件落着。おばあさんのかわいらしいお経、そして「チーン」の後には必ず笑い声が聞こえてきて、なごやかに締めくくることができました。

e0088256_2394119.jpg

「テレビがなかった時代のラジオの朗読を思い出しました。」「朗読を習っているのでとても勉強になりました。」「夏休みに孫にでたらめ経をおしえてやります。」といった嬉しい言葉もたくさん頂きました。
e0088256_23122284.jpg

短冊に書かれていた『希望をもって前向きに』という言葉そのものの素敵な皆さんの笑顔に見送られて、私達もたくさんのパワーを頂きました。
またぜひ伺いたいと思います(^_^)皆さんどうぞお元気で!
by suimmy | 2013-07-08 23:38 | 言語能力向上
e0088256_23292923.jpg
先週末 南相馬へ行ってきました。

早朝の新幹線に乗って 昼には南相馬市へ到着!e0088256_23373100.jpg

まずは石神第一小学校 で 公演。
石神小学校は 震災後 生徒の数もとっても減ってしまい
今 ようやく戻ってきてくれた子供たちも含めて全校生徒で87名.e0088256_23383835.jpg
e0088256_23323865.jpg


でも みんな、とっても目が輝いていて 私たちの朗読を夢中になって聞き入ってくれました。




お話のあとは おっきな声で 発声練習や 詩を読みながらのワークショップ!
みんな 元気いっぱい ものすっごく大きな声をだして くれました。


夜は 鹿島区の仮設住宅集会所で 「お話茶話会」。
e0088256_23425825.jpg
避難所にいた頃からお付き合いしている皆さんで、とても暖かく迎えてくれました。

翌日は 原町市民情報センターで 朗読会と歌のワークショップ!前日の呼びかけの成果で 13人の子供たちが参加してくれました~!
うれしかった~!
e0088256_1232218.jpg
ほとんどが 原町第1小学校の合唱部の子供達で 歌もとっても上手!!石神第一小学校のお友達も、姉妹で来てくれました。ありがとう!次回は、お友達も誘ってきてね!
e0088256_23442688.jpge0088256_23454434.jpg

e0088256_23463274.jpg

e0088256_23542252.jpg 
お話のあとリトミックや歌の振り付け。子供たちはあっという間に覚えて、びっくり!e0088256_2356191.jpg

すっごく楽しく過ごせました!



参加してくれたお友達!ありがとう!!
次回は 2月2日 12時 ゆめはっとで会いましょう!
今回来られなかったお友達もみんなで来てね!
2月10日の東京杉並の公演にも 参加お申込み お待ちしていま~す!

杉並区の皆さん
来年2月10日に セシオン杉並でおこなう  南相馬市応援企画 「銀河鉄道の夜」に参加してくれる
小学生を募集しています。
今週 杉並区の広報誌に お知らせが掲載されました(11月21日号) 
詳しくは Swimmy ホームページ www.swimmy.co.jp/ の 
インフォメーションを見てね!
尚、12月8日(土)のガイダンスは 杉並区役所 西棟6階 第5会議室で行います.
保護者の方もご一緒にお越し下さい。

協賛のお申し込みや 先行予約も12月1日から受け付けますのでよろしくお願いいたします。
by suimmy | 2012-11-19 12:05 | 言語能力向上
e0088256_2115326.jpg東日本大震災被災地応援スイミー朗読チャリティーコンサート「心の平和と希望の輪を届けよう」へたくさんの方のお越しいただきましてありがとうございました。
e0088256_21395885.jpg
本日、コンサートの収益金を、福島県南相馬市への義援金として杉並区へ届けてまいりました!
e0088256_22212626.jpg
3.11から 昨日でちょうど5カ月がたちました。
5カ月もたつのに・・・と思うことのほうが多い現実ですが、それでも私たちの出会った被災地の方は みんな懸命に前を向いて 1歩1歩、踏み出していました。。
e0088256_22231741.jpg
それは、愛する家族を守るため、愛するふるさとを復興させるための固い決意、熱い想いから生みだされたものに違いありません私たちスイミーができること、それは、被災地の皆さんの懸命な想いと、まだまだ厳しい現状を多くの人に伝え、これからもみんなで応援してゆこうと呼びかけること。こんな些細なことではありますが、被災地の皆さんが、心の平和と希望を見失わないように、これからも、応援を続けていきたいと思います。
e0088256_2322099.jpg
このチャリティーコンサート開催に向けて、杉並区立永福小学校の皆さんが 被災地を応援する気持ちを絵にしてくれました。小学校の四季の行事の絵に同じ小学生の子供たちへの応援メッセージを込めて描いてくれました。。

e0088256_2242891.jpg
e0088256_2335129.jpg被災地の学校も 早く元通りプールや運動会ができるようになるといいですね。取材した宮古の小学校の校長先生も「待って待って迎えた今年の始業式。こんなにうれしい始業式は、これまでになかった。
そして、今、毎日学校で子供たちに会えることに、日々感謝と喜び感じています」と涙をにじませて仰っていました。
e0088256_2345594.jpge0088256_22132662.jpg
e0088256_23142712.jpg

この絵は、詩を朗読するときステージのバックスクリーンに映しだしたもので、東吾妻の避難所へ届ける予定でしたが、避難所も人が減り この8月で福島県内へほとんどの方が帰るということなので、このブログで公開するとともに、実は、9月18日 「南相馬市道の駅」での再演が決まりましたので、私たちが南相馬の会場へ持参し、皆さんの気持ちを、直に被災者へお渡しすることに致しました。
e0088256_22154635.jpg
e0088256_2381281.jpg
9月18日(日)南相馬道の駅ホール info@nomaoinosato.co.jp 14時予定です。是非皆さまお集まりください。

さらに、9月28日には、中野区の都立鷺の宮高校で 奉仕について考える授業の一環としての再演させていただくことも決まりました。
今後も、私たちが伝えることで、未来を担う高校生や 小・中学生にも  心の輪が広がってくれたらと願っています。
by suimmy | 2011-08-12 00:02 | 言語能力向上
 9月29日、秋晴れの下、阿佐ヶ谷北にある「ゆうゆうかん」を訪ねました。
ゆうゆうかんは、杉並区に住むシニアの方々の趣味や交流の場となっている施設で、昨年に続いて2度目の訪問となりました。
 今回のテーマは、「朗読で心の健康を」。この時期は、色々行事が重なってお忙しいにもかかわらず、30人程が集まって朗読を楽しんでくださいました。

 第一部では、でたらめのお経で、大どろぼうを退治してしまう!?一人暮らしのおばあさんのユニークなお話と、亡き妻の手料理にこめられた愛情物語を、続けて聴いていただきました。
皆さん、大笑いしたり、目をうるませたり・・・物語と音楽の世界に身を委ねているご様子。
 このあとの歌のコーナーでは、「知床旅情」を歌って懐かしい昭和のメロディーに浸ったあと、全身を動かしながら、「幸せなら手をたたこう」を元気よく歌いました♪

e0088256_11313877.jpg
 第二部は、江戸っ子のおじいちゃんとその家族のあたたか~い物語を3人で分かち読み。
主人公のカツ坊は、粋で茶目気たっぷりのおじいちゃんが大好き。面白おかしい数々のエピソードの中にも、おばあちゃんとの夫唱婦随の人生・・家族の大きな絆・・・大切なメッセージが沢山込められているお話です。
 
 ゆうゆうかんの皆さん、充分に心のストレッチをしてくださったようで、笑顔と「来年もまた来てくださいね。」という言葉に見送られながら、私たちは会場を後にしました。
 シルバー世代の方々から、私たちSwimmyも、元気をいただいたような気がします。ありがとうございました。皆さんもますますお元気で!
e0088256_11323279.jpg
by suimmy | 2010-10-03 18:51 | 言語能力向上