人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

祝!図書室改装お披露目

11月22日、杉並区立天沼中学校に行ってきました。図書室のリニューアル記念として、Suimmyをお招きくださったのです。60人程の保護者の方を前に朗読ライブ、さらに本や読書にまつわるお話をしてまいりました。

森田都は、自身の中学生当時の読書感想文を持参し、「次郎物語」(角川文庫全5冊、下村湖人)、「路傍の石」(新潮文庫、山本有三)、「大地」(新潮文庫全4冊、パール・バック)を取り上げました。それらの本を通じ、自分とは全く違う境遇を追体験する事で、違う立場の人の心理や感情を想像したり分析したりする力、他人を思いやる気持ちが培われたこと、外国の珍しい風習や昔の人々の暮らしぶりを知り興味をかきたてられた事など、読書から得た事をお話しました。
また大人になってから思い出に残った本として、「音楽家の恋文」(クルト・パーレン著 池内紀訳 西村書店)をご紹介しました。この本は、森田出演の番組に訳者の池内さんがいらしてくださり知ったもので、モーツアルト、ハイドン、ショパンなど著名な作曲家27人のラブレターを通じて、彼らの人となりを分析した内容です。
嫌味な人、純情な人、激しい人…それぞれ人間臭く、当時の恋愛の状況が作品に反映されている事が分かるなど高名な作曲家達を身近に感じられる1冊です。

長谷川直子は、「だから、あなたも生きぬいて」(講談社文庫、大平光代)と「雨が降っても立ち止まらないで」(イーハトーヴ出版 シンシア・カーシー著 酒井冬雪訳)を取り上げました。
「だから~」は、いじめが原因で割腹自殺を図った末、非行の果てに16歳で極道の妻となった作者が、ある人との出会いから一念発起、独学で司法試験を突破、非行少年の更正に力を注ぐ弁護士になるまでを描いたベストセラー。
「雨が~」も、挫折から立ち直った人々の実話が複数収められた感動作で、2冊とも、どんなに辛い事、苦しい事があっても、あきらめてはいけない…という希望と勇気を与えてくれる本としてご紹介しました。
朗読ライブには、演劇経験のあるお母さまから、こんなご感想をいただきました。「ライトも無い図書室で、朗読と音楽だけで、どこまで感動できるのかと思っていましたが、素晴らしかったです」

ほかの皆様からも「疲れが取れました」「泣けました」「昔、読んだ時とは違う感動でした」など有り難いお言葉をいただき、メンバーにとって、この上ない励みになりました。
by suimmy | 2004-11-23 23:05 | 学校訪問

しっかり聞けました♪

11月18日、今日は北区立ほりふな幼稚園の園児たちに会ってきました。
とても元気なお子さんたちで、ご挨拶の声も100点満点!
今回は、面白くて思わず笑ってしまう作品2話と、保護者の方たち向けに1話朗読したのですが「笑いのつぼ」や「泣けるつぼ」にもしっかり反応していただいて、私たちも読みながら一緒に楽しむことができました。
会場の装飾や、マイクについていたお花など、いたるところに気配りがあり、
またPTAの皆さんによる運営がとてもスムーズで園の皆さんのチームワークのよさを感じました。

終了後は、園長先生を囲んで、数名の保護者の方たちとご一緒に「Suimmy子育て秘話」に花が咲き・・・。
この園では、園長先生が子どもたちの日常の表情をこまめに写真に撮っているということで、見ていて思わず微笑みたくなるようなお写真をたくさん見せていただきました。
至る所に愛情があふれる環境だからこそ、元気で反応の良い子どもたちが育っているのでしょうね。
by suimmy | 2004-11-18 20:27 | 学校訪問

未来の保育士さん!

11月9日、草苑保育専門学校を訪問しました。
今回で4回目!授業の一環として学校側も熱を入れて迎えてくださいました。
「もう秋の年中行事のように考えている」という校長先生のお言葉も頂きました。朗読ワークショップに参加した学生さんも反応がよく、今後の感想文が楽しみです。
また「言葉ウォッチング」と題した講演もいたしました。
自分では気づかないうちに使っている「ら抜きことば」や「さ入れことば」が日本語として正しくないことや、頻繁に使われている「あいまいな表現」(例:~とか・~の方・~って言うか等)についてお話しました。
近い将来、保育士になろうと勉強している皆さんには、是非!
これを機会に「美しく正しい日本語」を、日常生活の中でも意識して使ってほしいと思います。
by suimmy | 2004-11-09 21:37 | 学校訪問