スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2005年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

5月10日 杉並区立第四小学校でおこなわれた、ドロシー・ロー・ノルトさんの来日記念特別授業および講演会へ行ってきました。
ドロシー・ロー・ノルトさんは、先頃皇太子殿下が朗読された詩「子は親の鏡」が記されたベストセラー「子供が育つ魔法の言葉」の著者です。
このたびの訪問では、81歳というご高齢にもかかわらず、自ら希望して、日本の子供たちをご覧になりたいとお申し出になり、各教室や校庭をまわって、子供たちの中にまじって言葉を交わされていました。
特別授業では、今回のために書いたという「大切なこと」という詩を、子供たちに解説されていましたが、その声はとても柔和で愛にあふれていました。詩の内容は・・・

必ず、順番を守りましょう
そして胸をはれる自分になりましょう
 以下
自分の役割を果たしましょう
必ず、手を差し伸べましょう
必ず、周りの人と分かち合う時間をもちましょう
必ず決まりは守りましょう
守れる約束だけにしましょう
やり始めたことは最後までやりましょう
起こった出来事はありのままに話しましょう
家族を思う気持ちを伝えましょう
間違いから何かを学びましょう
相手を許しましょう
正しいことをしましょう
体と、体が必要とするものは大切にしましょう
最高の自分になるためのことは、おしまずやりましょう
母なる自然の美しい世界に目を大きく開きましょう

これらのセンテンスの後、それぞれ
「そして、胸をはれる自分になりましょう」
と、記されています。
誰もが知っていることだけれど・・・
では、自分は毎日ちゃんとやっているかと振り返ればできていないことばかり。

ある生徒は「僕、みんな知っていることばかりだったよ。だけど今日、すーっと僕の心に入ってきたよ」と感想をつたえ、それをきいたドロシーさんはとても喜んで、「知っているといることを認識することが出来たということが素晴らしい」とおっしゃっていました。

子供の前でも胸をはれる母であり、また自分になりたいですね。
by suimmy | 2005-05-12 21:18 | 言語能力向上