スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

優しい時間・・・

心弾む桜の季節、東京の桜開花にあわせるかのように、スイミーのナカタヤ・サロンコンサートを23日の午後開きました。
練馬区大泉学園の桜並木のすぐそばに、お菓子とお茶の洒落たお店ナカタヤ、ここが会場でした。
常連さんが多くコンサートはもう18回目、でも朗読ライブは初めて。スイミーのデビューです。桜に寄せてプログラムは、御衣黄という桜にまつわる物語と下町人情話の二本。そしてキーボード演奏と、全体がほんのりした優しさに包まれて進みました。
スイミーメンバーも、慣れない着物姿で登場するなど、お客さんに楽しんでもらえるよう雰囲気をもりあげて見ました。
e0088256_23484294.jpg

お客さんは桜モンブランの限定ケーキにお茶を楽しみながら静かに聴いてくれました。人数が多くは無かったのですが、その分ゆったりと聞けて、おおむね好評のアンケートをいただき、デビューとしては歓迎されたかなと嬉しい帰り道でした。
お若い店長が、とても熱心な上に、コーディネートしてくれた女性も気遣いの行き届いた方に恵まれ、スイミーの活躍の舞台が又一つ広がったような一日でした。
それにしても朗読は静かなブームとなっているとはいえ、まだまだ認知不足の感もあるので、知ってもらうことが大事なんですね。
by suimmy | 2006-03-23 23:44 | ライブ
3月17日、今年度最後のSuimmy小学校訪問でした。
作品は、今推薦中の「山古志村」の実話を5・6年生に聴いていただきました。
現在体育館・校舎改築の為、プレハブの大きな教室で行いましたが、朗読中は工事の音を消して下さり、ご協力に感謝致します!

6年生は、もうすぐ卒業式を迎える時期ですよね。
6年間を振り返ったり、中学生になる喜びとで、心の中は希望に満ちた日々でしょう!

そんな6年生の皆さんが、朗読授業が終った時、教室に設けられたひな壇に並び出したのです!
先生が「ちょっと歌を歌っていいですか?」と・・・
私達は卒業式の練習を始めるのだと思いましたので「はい!」と答えました。
そしたらなんと!!私達二人に聴かせる為に歌ってくれたのです! 
タイトルは忘れましたが(ごめんなさい!)6年間の想い出の歌詞で、全員が大~きな口を開けて、体を左右に動かし、本当に上手な合唱でした!
Suimmy始まって以来の事で、感動の涙が出ました。。。(T-T)
本当にありがとうございました!
今年度最後のSuimmy訪問は感動をいただいてしまいました!

こんなに素晴らしい声と、温かい心を持った皆さん。
きっと立派な中学生になることでしょう!頑張ってくださいね。
卒業おめでとう~!
by suimmy | 2006-03-17 23:43 | 学校訪問

世田谷区立千歳中学校

今日は小雨の降る中、世田谷区立千歳中学校へ訪問し、2年生178名と先生、保護者の方々に、山古志村の実話と「月」の話を聞いて戴きました。
皆さんは本当にシ~ンと聴いてくれました。

今2年生は、春の広島への修学旅行のために、戦争の勉強が多いので、
「子供たちにホッとする時間をあげたい」と言う 先生方の温かい気持ちから実現しました。
中学生は色々な面で成長過程ですよね。私達の訪問が、少しでもお役にたてたら嬉しいです。
帰りに、「明日も聴きたい!」「毎日来て!」と男子生徒が言ってくれました!

また、この時期の体育館は「冷凍庫?」状態なのですが、舞台には2台の強力なストーブを置いてくださり、メンバーは感謝の一言です!有難うございました。
先生方、主事さん色々お世話になりました。
また、お会いできる日を楽しみに待っています。
by suimmy | 2006-03-10 22:57 | 学校訪問

八王子にスイミー旋風?

三月に入ってから、八王子の小学校で次々にスイミー朗読会を開きました。
春一番の風に乗って、松が谷につづいて今回は、三月九日JR八王子駅そば
の第三小学校でした。
卒業式の準備が整った体育館で、1・2年生には「モチモチの木」と「スーホの白い馬」3・4年生には「三年峠」と「かわいそうなぞう」
みんな知っているお話しでしたが、戦争で殺された象たちの話しに改めて涙している子供も多くみられました。
朗読指導では「三年峠」の原稿を、舞台の上で7人の生徒達に読んでもらいました。
声が良く出ていて、なかなか魅力的な朗読になりました。
日ごろ良く読んでいて、下地ができているように思われました。
終わると高学年の生徒が数人片付けの手伝いに来てくれて、キーボードも
大事に運んでくれました。
校長室でお茶を飲みながら校長先生にお話を伺うと、「心の教育」に力を入れている様子。
やはり校長先生の積極的な姿勢が朗読会開催や生徒の行動に表れている気がしました。
八王子の先生って、朗読への評価が高く、素晴らしい!
by suimmy | 2006-03-09 22:51 | 学校訪問

杉並区立松ノ木小学校

杉並区立松ノ木小学校には、これまでも6年生のキャリア教育や施設開放のイベントとしてお招きいただきましたが、今日は、2・3時間目をいただき全学年にSuimmyの朗読をお届けしてきました。
松ノ木小の子ども達は、とても反応がよく・・・物語を聴いているときは、場面に合わせて表情が変わり、朗読指導のコーナーでは「やりたい人!」という呼びかけに、ほとんどのお子さんが手をあげてくれました。
朗読会終了後、校長先生とお話していたら「もし私に小学生の子どもがいたら、間違いなく松ノ木小に入れます!」とニッコリ!
松ノ木小学校では3年前からいのちの教育として、子ども達の教室に地域の赤ちゃんを招き、1年間継続して触れ合うことで「赤ちゃんって可愛い♪」という心を育てる取り組みをされています。今!ではなく、この子ども達が親になったときに、自分の子どもを可愛いと思い、愛情を持って育てられる人間になって欲しいという、とても長期的な教育です。
その記録が先月フォトブックとして発売され、私達も見せていただいたのですが!今しがた触れ合った子ども達が、フォトブックに載っていて、とても興味深く拝見しました。
この日も、午後の授業で子ども達と赤ちゃんの新しい出逢いが予定されているということで、私達と入れ違いに、テレビ局の取材クルーが登校?してきました。

ところで、最近のSuimmy・・・実はほんのちょっとバージョンアップ!朗読する物語の背景を説明するためにパソコンとプロジェクターを使うようになりました。また、発声練習なども、コメントをスクリーンに映し出し、ペーパーレス!!
PC環境が整えば、こうしたことも可能です。
by suimmy | 2006-03-07 17:19 | 学校訪問
3月3日、すぎなみしあわせ文庫「ココロマメ」朗読の会がセシオン杉並でひらかれました。
昨年7月30日にお披露目朗読会が開かれてから、7ヶ月ぶりの再演でした。
今回は、ステージの演出もバージョンアップ!特に照明が効果的でした。
e0088256_10404755.jpg
救急車の赤色灯の点滅が緊張感を高め、「今日が一番の見ごろかな」という
じいちゃんの台詞にあわせて桜吹雪が舞いました。
すっぽりとお話の世界に引き込まれた最前列の男の子は「えっ~!」「あー良かった!」と、私たち出演者に声が届くほどの反応を示してくれました(笑)
e0088256_1041591.jpg
そして私たち出演者も久しぶりの全員集合の舞台。配役になりきって再演を楽しめました。
台詞まわしも微妙に変化してさらに思いを深めた感があります。二度の公演を見てくださった方から「今回のほうがやさしい雰囲気になっていた」との感想をいただきました。
宙人が正人や道人の心の中で成長していくように、ココロマメのお話は私たちの心の中で醸成されていくようです。
また、公演の機会があると思います。
是非、多くの方に聞いてほしいと改めて思いました。e0088256_10462578.jpg

最後に、週末金曜日の夕方、しかもおひな祭りの日でご予定もあったと思いますが、そんな中いらしてくださった皆様に感謝します。

正人より
by suimmy | 2006-03-03 22:34 | 言語能力向上

声打ち合戦!

春3月が冷たい雨でスタートした日。
スイミーは、八王子の市立松が谷小学校の先生方の研修として、朗読セミナーを開きました。
参加メンバーは、若い方から年配の校長先生まで全員集合でした。保護者の姿も見えました。
セミナーは、先生方が生徒達に自信を持って朗読やコミュニケーションの指導ができるように、実践を中心に進めました。
声を出す体作りのストレッチに始まり、腹式呼吸法、発声から発音まで、一年生に戻ったように「あいうえお」を大声で出し合い、声打ち合戦にも挑戦しました。これらの基礎をもとに、いよいよ「モチモチノ木」を読みました。感情や文意をじっくり考えた上で表現の技術を学び、実際に読んでもらいました。朗読がうまいと定評の校長先生をはじめ、だんだん気持が入って、時間が足りないくらいでした。
最後に、教科書にも出ている「ベロ出しチョンマ」をスイミーが朗読して終了。
とても熱心な先生方で、若い方は機材やセッティングも気軽に引き受けてくれました。そして何よりも校長先生が「朗読力」を評価して先生方の研修に積極的な姿勢が印象に残りました。
by suimmy | 2006-03-01 21:42 | 学校訪問