スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1/27(日)、立川市立第十小学校での講演会に講師としてお招き頂きました。

この日、立川十小では、「道徳授業地区公開講座」が開催されており、保護者の皆様、教育委員会の方々の見守る中、クラス毎に工夫を凝らした道徳の授業が展開されていました。

そんな一日の締めくくりとして行われた講演会のタイトルは「家庭ではぐくむ健やかな心」。

アナウンサーであり、6歳の娘の母親であるという立場から、日頃、家庭内でのコミュニケーションをどのように取っているか、どういう事を心掛けながら子供と接しているかなど、具体例を挙げながら、お話ししました。

立川十小には共働きの保護者が多く、先生方は、日々の子供達の言動から家庭内でのコミュニケーション不足を痛感されているそうです。

喧嘩をしても、話し合いで解決することもなく、「死ね!」「うざい!」で片付けてしまう今の子供達。

お互いうまくコミュニケーションを取ってさえいれば、防げるトラブルも多いそうです。

その根本原因は、やはり家庭にあるのではないでしょうか?

親子がよく会話をしている家庭の子供ほど、学力が高いという調査結果も出ているくらいです。

でも「会話やコミュニケーションが大切」と言われても、何を話せばいいのか分からない、話しても無視される・・・などのお悩みがあるのも理解できます。

でも何も難しく考える事はありません。

ニュースを見ながら、感想を述べ合ったり、補足説明をしてやってもいいでしょう。

電車内でお化粧をしたり、物を食べたりする人を見掛けたら、それがどうして不快な行為なのかを一緒に考えてみてもいいですね。

ついでに「傍若無人」なんていう四字熟語を教えて、一緒に辞書をひもといてみれば、一石二鳥です(笑)

スイミ-の日頃の活動である「朗読」「読み聞かせ」をしてあげるのも有効です。

自分で読める年齢になっていても、時々は読み聞かせてあげて下さい。

そうすると、思考力、想像力、表現力、集中力といった点数化できない「目に見えない学力」が培われます。

「赤毛のアン」なら舞台のカナダについて、「シ-トン動物記」なら出てきた動物について、一緒に調べてみては如何ですか?

子供の興味が広がります。

ご自分の仕事や子供の頃の体験を話してあげるのもいいですね。

私も娘が休みの時には、差し支えのない範囲で、一緒に仕事場に連れて行ったり、アナウンサーは勿論、世の中の様々な職業の意義を話して聞かせたりしています。

話の接ぎ穂は、いくらでも見つけられるもの。

要は、子供の目が社会や世界に向くような、お手伝いをしてあげればいいのです。

こんなことを繰り返していると、会話が弾み、話題も豊富になり、語彙も増えていきます。

うちの娘は6歳ですから、今は、まだどんな話にも目を輝かせて聞き入ってくれますが、そんな年齢を過ぎ、親の話になんか関心を示さない年頃のお子さんもいらっしゃるでしょうね。

でも、たとえ壁に話し続けているような虚しさがあっても、決して諦めないで、続けてみてください。

今は無反応でも、親が一生懸命、話してくれたことは、きっと心のどこかに残るはず。

今すぐには分からなくても、何年か後に、その時、言われたことの意味が理解できたり、うっとおしいと思っていた話が、成長してみてジ~ンと心に沁みるというご経験は、どなたにもおありでしょう。

すぐに芽を出すことを求めず、いつか花開けばいいと、気長に構えて、根気よく接していけば、絶対、いい結果が得られるはずです。

立川十小の道徳公開講座では、各先生方が、「江戸しぐさ」や「ドラえもん」など子供たちの興味を引く題材を通じて趣向を凝らした授業をなさっていて、見学なさった教育委員会の先生方も「子供たちとのコミュニケーションが完全にできている」と絶賛なさっていました。

こんなに熱心な先生方から質の高い教育を受けられる立川十小の子供達は恵まれていますね。

でも、子供の健やかな成長は、学校だけでは育まれません。

「家庭もきちんと機能してこそですね~」と、保護者の皆様、先生方と確認し合って、講演会を終えました。

講演後も、用意して下さっていたお弁当を頂きながら、先生方と教育やしつけ、言葉遣いなどの話で、時間を忘れて盛り上がりました。

そのお陰で、私自身、自分の子育てについて、大いに励まされた一日となりました。

立川十小の相田修治校長先生、深井薫副校長先生はじめ先生方、保護者の皆様、どうもありがとうございました。
by suimmy | 2008-01-29 22:12 | 言語能力向上
1月25日、杉並区第3小学校において、国語科研究発表会が開かれ、特別講演講師としてお招きをいただきました。
e0088256_142211.jpg
 杉三では、3年前から杉並区教育委員会の研究奨励校の指定をうけ、
「自らを豊かに表現し、他を受け止める力を育む~話すこと・聞くことを通して~」というテーマでどのような授業をしたらこのような力を子どもたちにつけることができるかを、東京女子体育大学准教授の田中洋一教授にもご指導をいただきながら進めてきたそうです。

この日の先生方の研究発表も「ビストロ杉3」と想定し、発表のテーマをレストランのメニューに見立て、先生方もシェフやパテシェに扮して発表するという斬新な手法を用いて、来賓の区の教育関係者の方々をびっくりさせていました。
 この発表を見ただけでも、杉3の先生方が、日頃から、子どもたちが興味を持てる楽しい授業を工夫しているのだろうな~ということが伝わってきて、とても好ましく思えました。

 私の講演は「朗読を通して育もう、思いやりの心と美しい日本語」というテーマでお話をさせていただきました。
 昨今、子どもたちは、いえ、大人社会においても 人を思いやる気遣いがなくなってきています。気に入らなければ、ゲームのように消してしまえという行動が、恐ろしい事件を引き起こしています。
自分とは違う考え方を受け入れること、相手の立場に立って物事を考えてみること、これは想像力とつながっています
 そこで、朗読を聞きながら主人公や登場人物を想像し、登場人物の気持ちになって一緒に考えることで、思いやりの心を育てましょう
 また、いつの時代も、どこの国でも、大人は子どもに「民話や昔話を聞かせてあげることで、道徳の規範を伝えてきたものです。「嘘をついたら罰が当たる」 「欲張ると損をする」 「正直にこつこつ働けば、きっといつかは報われる」 「親が子をおもう気持ち、親孝行」「自然や動物との調和」「弱いものでも勇気を出せば鬼もやっつけられる」など、子どもへのしつけに お話が役立ってきました。少し大きくなったら、小説や人物伝によって「生き方」そして「恋愛」までも学ぶことができたのです。最近は、この当たり前の教えがないままに大きくなってしまう子どもたちが増えています。「道徳教育」は、理詰めや規則で教えるのではなく、子どもの頃にこそ
読み聞かせや朗読を通して、子どもたちに教えてあげてほしい。
 また、自らの気持ちを、しっかりと人に伝えるための語威力や、相手や場所によってことばを選ぶ感性も、朗読で研くことができると思います。
 こんな内容をお話させていただきました。

 講演の最後は、先生方にも朗読を味わっていただこうと宮澤賢治の「よだかの星」を朗読し、喜んでいただきました。

 吉川校長先生はじめ 杉3の先生方が、子どもたちのことを真剣に考え、熱心に教育に取り組んでいらっしゃるお姿を拝見し、杉3の子どもたちは幸せだなあとつくづく感じた1日でした。
皆様本当にお疲れ様でした。 
by suimmy | 2008-01-25 11:19
今日は初雪が降った東京。
1月17日、跡見学園で公演を致しました。

この学園では、中学3年の秋に広島への研修旅行があります。
1年前から事前学習を行っていますが、昨年11月に続き、中学2年生にとって二回目の「平和教育のための朗読会」です。

一回目は、アフリカの少年兵たちの人生・戦争の怖さなどを聴いてもらい、今回は、生徒さんが秋に行く「広島の原爆」についての内容でした。

e0088256_9333753.jpg


豊かな今の日本に育った生徒の皆さんに、『ヒロシマ』を理解していただくためにはどうすればよいか。
広島原爆に関する文献や被爆者の方々の手記などを読み、朗読や音楽の構成を考え、私たちスイミーメンバーも猛勉強です。

原爆が投下された1945年8月6日から、天皇陛下のご詔勅が放送された8月15日までの広島の様子をまとめました。

生徒さんたちは45分間の朗読を真剣に受け止めてくださったようです。

秋に向かって、さらに平和学習も進むでしょう。
一人ひとりが、かつての悲惨な戦争から平和を学び、今まさに起こっている争いについて思いをめぐらすことでしょう。

どうか世界中から戦争がなくなりますように。
原子爆弾なんて必要の無い世の中になりますように・・・ 。
by suimmy | 2008-01-17 21:33 | 学校訪問
2008年最初の訪問先は、杉並区立堀の内幼稚園。

前半は、キラキラとした子どもたちのまなざしを感じながら動物が主人公の2作品を朗読!
ここで園児の皆さんは教室へ戻り、休憩を挟んでの後半は保護者向けに、読み聞かせ活動のポイントを、質疑応答形式でお話ししました。

e0088256_1355975.jpg


私たちの話をうなずきながら熱心な質問を寄せてくださる保護者の皆様!
質問に一つ一つ答えながら・・・ママたちの子供たちへの愛情にの深さに触れた思いがいたしました。

そして最後は、ママ向けに不変の愛のスケールを感じさせる大人の絵本を朗読。
公演後、園児たちがとてもよく聞いていたと先生方からご感想をいただきました。

今年のSuimmyも元気よく泳ぎだしましたよ~♪
by suimmy | 2008-01-12 13:06 | 学校訪問

今年も頑張ります!

2008年 あけましておめでとうございます
Suimmyメンバーは1月5日、銀座「響」にてミーティングを兼ねて「新年会」でした。
昨年の反省会、今後のスケジュール予定や話し合いをした後は、
美味しいお料理とお酒を戴きました。
実は・・・、ここだけの話・・・Suimmyメンバーの大半はお酒が強いのです~

いい気分になる前?まともなうちに?
e0088256_22192027.jpg


 今年もどうぞヨロシクお願いいたします。  メンバー一同
by suimmy | 2008-01-07 22:26