人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 クリスマスも近づき、ディナーショーやコンサートが多くなる季節、Swimmyは、「ハローコーラス♪コンサート」のゲストとして朗読をしました。e0088256_23585824.jpg
 ハローコーラスは、今から23年前に結成されたコーラスグループ。現在15人のメンバーで、定期的にコンサートを開いています。
 今回のコンサートは、朗読とコーラスのコラボレーションという初の試みを交えて、4部構成で行われました。第1部から3部では、クリスマスにちなんだ宗教曲や、懐かしい日本の唱歌や童謡のメドレー、シューベルトの歌曲などが、披露されました。
 そしていよいよ第4部では、シェークスピア原作の「ロミオとジュリエット」を題材にしたオリジナルの脚本で、朗読とコーラスのコラボレーションが行われました。
 ロミオとジュリエットのストーリーに合わせて、「I feel pretty 」、「Bella notte」などの洋画の名曲や、日本ではおなじみの「あの素晴しい愛をもう一度」などのコーラスが美しいハーモニーを奏でます。ステージには、ロミオとジュリエットの手作りの人形も登場し、会場は和やかな雰囲気に包まれました。お客さんたちは、朗読とコーラスのハーモニーに耳をすまし、愛の物語の世界に浸っている様子でした。
e0088256_001931.jpg
 この公演が、今年最後のSwimmyのステージになりましたが、来年は、Swimmy結成10周年ということで、年明け早々の1月15日(金)に、「新春朗読音楽ライブ」を行います。詳しくは、HPのイベント情報をご覧ください。
今年も、1年間有難うございました。
来年も、ますます、スイミーを宜しくお願い致します♪♪
by suimmy | 2009-12-21 11:39 | 言語能力向上
千葉県稲毛海岸にあるシニアマンション「ボナージュ稲毛海岸」でクリスマス朗読会を開きました。
ここは、スイミーが毎年伺っている「ボナージュ横浜」の姉妹マンションで、横浜での評判を聞いた生活サービスセンターの方が、今回クリスマス朗読会を企画してくださいました。
高齢者向きにつくられた間取りやスロープや手すりの付いた設計で、セキュリティー万全な高級シニアマンションで、みなさんここをついの住処として優雅に暮らしていらっしゃる。
e0088256_2218912.jpg
横浜もそうだが、ここ稲毛海岸も、駅から近く、駅周辺もニュータウンとして整備されているので、道路も歩道も広く、町全体がゆったりしている感じで、さらにうらやましかったのは、ここはさすがに千葉!都心より1~2度、冬でもあったかいのだ。海が近く、お散歩で海岸までいけそうだ。
 クリスマス会などの会は、居住者サービスなので、自由参加で無料!毎月いろいろなアクティビティが行われているらしい。
 e0088256_22192911.jpg今回集まってくださったのは30名あまり。
少し早いけれど、」最初は クリスマスの気分を出していただくため。オーヘンリの「賢者の贈り物」。
このほか、大人が聞いてもジンとくる童話や下町人情物のお話など、合計3作のほか、途中でみなさんと御一緒にアンチエイジング、若さを取りもどす「発声練習」や懐かしい「学生時代」や「ふるさと」を大合唱しました。
肖像権に配慮して、皆様のお顔は見せられませんが、ほんとに素敵な笑顔でしたよ。
また、お会いいたしましょう!お元気で!
by suimmy | 2009-12-10 21:33 | 言語能力向上
お天気に恵まれた12月8日(火)、今日のメンバー3人、玉川学園前駅に降り立ちました。
駅前には、赤や黄色に色づいた目にも鮮やかな木々。
見事な紅葉に目を奪われつつ、タクシーで、一路、町田第五小学校へ。

正門前に着くと、PTAの保護者の皆様が待ち構えていてくださいました。
底冷えのする体育館ライブは、今頃の時期から、どんどん辛くなります。
カイロを貼ったり、二重三重に重ね着したりしながら、乗り切っていますが、
今日は舞台袖にもストーブを置いてくださったので、なんとか凌げました。

低学年には、民話とクリスマスにプレゼントされたうさぎのぬいぐるみのお話でした。
人間とうわばみの化かし合いに、子ども達は大笑い。
e0088256_7385688.jpg
ぬいぐるみのお話では、小さい頃、大切にしていた人形やぬいぐるみを思い出してくれたでしょうか。
合間には、子ども達にも「クリスマス早口言葉」に挑戦してもらいました。

「クリスマスツリーのキャンドルは、赤キャンドル、青キャンドル、黄キャンドル~!」
大声を出し、寒さを吹き飛ばしました。
e0088256_7365971.jpg

高学年には、やはりクリスマスに因んだ物語と「走れメロス」。
クリスマスは、プレゼントを頂いたり、ケーキを食べたりする日・・・というだけでなく、大切な人や困っている人のために何が出来るかを考える日でもあることを分かっていただければ・・・と思いながら読みました。
「走れメロス」は、保護者の方から「読んだ時には感じなかったのに、朗読で聴くと、こんなに面白い話だったのかと再認識しました。」とのご感想を頂きました。
活字を読むのとは、また違った味わいを感じていただけて、私達、朗読者としては、嬉しいお言葉でした。

準備のお手伝いをしてくださった保護者の皆様、横田先生、お世話になりました。
ありがとうございました。
by suimmy | 2009-12-08 20:16