人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0088256_5131151.jpg戦後65年がたって、次第に人々の記憶から戦争が風化してゆく中、次世代を築いてゆく子ども達に、戦争の恐ろしさや平和と命の尊さを伝えてゆかなくてはいけないとの思いから、毎年夏休み恒例となりました、スイミー戦争童話朗読会。今年は、7月22日(木)、高円寺に昨年オープンしたばかりの新しいホール、座・高円寺で開催しました。
 連日の猛暑の中でしたが、満席に近いお客様がご来場くださいました。
e0088256_5152677.jpg
今年は、自分達の住む町、東京にスポットを当て、第一部は、東京の郊外、八王子に実在するお地蔵様のお話で、「ランドセルをしょったじぞうさん」古世古和子作
第2部は、自らの体験を基にした「絵本東京大空襲」早乙女勝元作を,おのざわさんいち氏の絵と実写映像をまじえて朗読いたしました。
数日前、、(7月18日 朝刊) 朝日新聞の東京版で紹介していただいたこともあり、東京大空襲を実際に体験した方もたくさんお越し頂き、わたしたちも 身が引き締まる想いでした。
e0088256_5173266.jpgアンケートから一部をご紹介させていただきます。
「家族5人、3月10日の大空襲にあいわたし一人のこり悲しい人生を送りました。でも、前向きに元気で頑張ってきました。今日は自分にはわからなかったことを知りとてもよかったです」(体験者の方)
「ひがもえて、ひとがしんで、かわいそうでした。ちょっとこわかったです」(5歳)
「1日だけで10万人も死ぬのは、悲しかった。そうしきもないのはかなしかった」(小学生)
「せんそうがこんなにこわいとおもわなかったので、とてもこわいとわかってよかったです」(小学生)
「私自身戦争を体験していないので、どのように伝えていけばよいのかと思うので、このようなライブは、素直に心に入っていきやすい」(母親)e0088256_5185231.jpg「戦争の話を聞くのは辛いけれど、忘れないこと、子ども達に伝えていくことが大切だと改めて感じました」(墨田区母親)
「涙が止まらなかったです。戦争の怖さや辛さ痛みをしっかり受け取ることが出来ました」(20代女性)
「ニュースや本とはちがったリアリティーがあって、当時の人々の心情を理解する手助けになった」(社会人)
このほかにもたくさんのご感想をいただき、継続してゆくことの意義を改めて感じました。
 皆様ご来場誠にありがとうございました。

                                                      
by suimmy | 2010-07-22 23:05 | ライブ