スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

震災以来、都内のこどもたちの中にも、怖い夢を見たり、不安を訴えたりする子が増えている。
そんな子どもたちの心を少しでも癒してあげたい。そんな思いで、この日は 馬頭琴奏者 バトエルデネ氏と
杉並区立西田小学校を訪問した。
e0088256_16585830.jpg
馬頭琴の澄んだ音色とともに語る「スーホの白い馬」。
こどもたちはみるみるお話しの世界に引き込まれてゆく。
脳裏に浮かぶのは 広々とした草原。そこにたたずむ遊牧民の少年と 草原を走る真っ白い馬。
そして主人公の気持ちになって涙ぐんでいる。みんな優しい子どもたちだ。

朗読 の後は 馬頭琴についてや モンゴルの遊牧民の生活を紹介した。
モンゴルには、いまでも約80万人の遊牧民がいるという。
彼らは、ゲルと呼ばれるテントに住み 春から秋にかけて 草原を転々と渡り歩く。
いつも自然とともに暮らす彼らの生活には 電気もガスもない。
e0088256_17116100.jpg
燃料は 牛の糞を乾燥させたのものだそうだ。
「え~臭くないの~!」とこどもたち。

よく乾燥させた牛の糞は ちっとも臭わない。
そればかりか その牛の糞を燃やして立ち上る煙には ウイルスを殺し、病気を治す効果まであるという。
草原の薬草を食べているからなのだ。(日本の牛とは違うのね)

日の出とともに起き、牛や馬の世話をし、その肉を食べ 乳を飲み 
大人はヤギの乳の酒で楽しく歌い
こどもは骨でおもちゃを作り 夜は星を眺め、早くに寝る。何と無駄のない生活なのだろう。
そんな生活を 2000年も前から続けている。

ちなみに モンゴルも地震の多い国だという
けれど 地震で家が壊れても 「あ、痛て!で済んじゃうからね!」 と バト氏は笑った。

計画停電で あたふたする私たちとは大違いだ。
いままであたりまえに思えていた 便利で豊かな私たちの暮らしだが、
何と脆い、そして無駄の多い生活だったのだろう。
バイオ燃料だけで何千年も生活してきた遊牧民の暮らしこそ 地球に人に優しい。

それでも東北の人たちは、都会の私たちよりもはるかにたくましい。
テレビでインタビューされた多くの人は 「無事です、元気です、大丈夫」という
大丈夫なはずがないのに大丈夫だとこたえる。
辛い避難所生活でも、 地域の人が助け合い、団結し 復興に向けて立ち上がろうとしている。
そしてまた、漁港を造り あの牙をむいた海へまた漁に出たいという。
何とたくましい 強い人たちなのだろうと 思わずにはいられない。
私たちも何か力にならなくてはいけないとおもう。

この度の地震で、日本は多く尊い命と犠牲を払ったが、
この教訓を これからの未来に生かさねばならないとおもう。
by suimmy | 2011-03-18 15:19 | 学校訪問
此のたびの地震及び津波で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
SWIMMYは、毎年岩手県宮古市の小学校へ公演に行っておりますし、また、私は、仙台の東日本放送に勤務していましたから、宮城県には、沢山の知人・友人がいます。まだ、連絡の取れない方も多く心配でなりませんが、ひたすらご無事でいらっしゃることを祈り続けています。

宮城沖地震はいつかまた起こるのではないかといわれていましたが、このような未曾有の大震災になろうとは、誰も予想していなかったと思います。
あの美しかった海岸線の景色が、あのような悲惨な光景に変わってしまったなど、とても信じられません。

余震の恐怖や寒さの中で今も救援を待っている方のことを思うと、いま、何もできない自分が歯がゆくてなりませんが、一刻でも早く すべての被災地の皆様のところへ燃料のガソリンや救援物資が届くように祈っています。そして、一人でも多くの命が救われることを祈っています。

さらに追い打ちをかけるような、福島第1原発の事故。福島の方の不安は 想像を絶するものでしょう。

スイミーが、学校などでよく朗読する本に、6年前に起きた 新潟中越地震の時の実話「山古志村のマリと3匹の子犬」という物語がありますが、人も動物も、最後まであきらめずに「生きるぞ!」という気力を持ち続けることで普段では出せない力が出るそうです。被災地の皆さまはもう精一杯耐えていらっしゃると思いますが、どうかあきらめずに頑張ってください。
 

東京では 14日月曜日から 計画停電が行われ 多くのイベントが中止となっていますが、スイミーも 交通機関が運休しているため、15日に予定されていた 足立区立東島根中学校の卒業生を送る会での朗読公演を見送らざる得なくなってしまいました。
卒業生の皆さん、本当にごめんなさい。私たちもとても残念です。
この地震で、日本全体がこれから再生していかなくてはならない危機的状況ですが、これからの時代を築いてゆく卒業生の皆さんのご活躍を期待しています。 
                
                                       
by suimmy | 2011-03-16 00:52 | お知らせ
本日は、杉並区立富士見丘小学校を馬頭琴奏者バトエルデネ氏とともに訪問いたしました。
アヨーシ・バトエルデネ氏は、5年前にモンゴル大使館を通じてご紹介を頂いた、モンゴルを代表する馬頭琴奏者です。
e0088256_02374.jpgモンゴル国立音楽大学、大学院をご卒業後、権威あるジャミアン馬頭琴コンクールでグランプリを獲り、以来、世界各国で演奏活動をされ、かの有名なヨーヨーマともアンサンブルをしたこともあるという経歴をお持ちで、現在は、日本人の女性と結婚されて、日本を拠点に活動を続けていらっしゃるという方です。
モンゴル文化や馬頭琴の普及のため、学校での公演にも大変御理解があり、スイミーとはこれまでも年に何回か 学校からのご依頼がある度にご一緒させていただいています。
e0088256_081469.jpg
今日も民族衣装を纏ったバトさんが現れると大歓声。まずは、馬頭琴について簡単に説明をしていただき、それから、2年生の教科書にも載っている「スーホの白い馬」の朗読に合わせて、演奏していただきました。
馬頭琴の音色は、まるでモンゴルの草原を渡る風のように澄んでいて、また、競馬のシーンなど、馬が走っている姿が目に浮かんでくるようです。物語を聞いた後は、モンゴルのスライドを見せながら、バトさんにインタビュー。子どもたちからも次々と質問の手が挙がって瞬く間の1時間でした。
おしまいに、子どもたちから御礼に、折り紙で織った馬やお花で飾られたかわいい色紙を頂きました!
e0088256_06157.jpg

by suimmy | 2011-03-03 00:09 | 学校訪問