人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 暑い夏の体育館での朗読ライブは、読むほうも聴くほうも汗だくなのですが、そんな季節が今年も巡ってきました。
 梅雨の晴れ間の6月28日(火)、東京の稲城第一小学校に伺ってきました。このあたりは、梨やぶどうの名産地として古くから知られています。学校までの道のりにも、そこかしこに梨園、ぶどう園が見られました。e0088256_17211289.jpg
稲城第一小学校へは、昨年度に続き2度目の訪問です。よみうりランド近くの緑多い自然豊かな土地柄で、そんな中、稲城第一小は140年もの長い歴史を誇っています。三代続けて、卒業生というご家庭も数多いだけに、学校を見守る地域の目は温かく、子ども達も素直にのびのびと育っているようです。

それでも、今回の震災は、稲城第一小の子ども達の心にも大きな影響を与えていることと思い、今回はそれを意識したプログラムにしました。実際、福島県から親御さんのご実家に避難していらしたお子さんも通っていらっしゃるそうですし、学校では、東北の小学生に応援の手紙を書いたり、ベルマークの点数を被災地の小学校へ差し上げる取り組みをなさったり、出来る範囲で、出来るだけのことをされています。そこで、震災のことや被災者の皆さんに心を寄せていただけるような、でも、少しは楽しい気持ちになってもらえるような、そんな作品ばかりを集めてお届けしました。

e0088256_17293878.jpge0088256_17295371.jpg










子供達の後ろにいらした保護者の方々も、暑い中、パタパタと扇がれながらも、子供達同様、最後まで熱心に聴いてくださいました。
e0088256_17444747.jpg

内容に合ったオリジナル曲の演奏にも、皆さん、うっとりでした。







e0088256_17513475.jpg
終演後は、前回に続き、お給食を頂きました。
私達の頃は、給食といえば、先割れスプーンでしたが、今はすっかりお箸なのですよね~(^^)






下の写真、前列中央の深井薫校長先生と共に、お給食を頂きながら、今日のライブの様子をお話していたのですが、稲城第一小の子供達は、とても静かに熱心に聴いてくださり、【聴く姿勢】というものが出来ているという印象を持ちました。
終演直後の感想で、高学年の男の子が、【実際、読んだことのある話もあったが、耳で聴くと、また違った感じがした】と、目で読む読書と耳で聴く朗読の違いに触れてくれたことも、私達にとっては、我が意を得たりという思いでした。

e0088256_1755997.jpg

校長室でお話をしている最中には、4年生の女の子4人が訪ねて来て、感想を書いた可愛いお手紙までくださいました。
短時間だったのに、的を射た感想を寄せてくれ、4人の愛らしさも手伝って、すっかり心を鷲づかみにされた私達でした♪
今年度から、東京都が定める【言葉を大切にする取り組み】の指定校にもなった稲城第一小ですので、これから、さらに、音読や読書への子供達の関心が高まっていくのではないでしょうか。
次回お会いする時に、子供達がどう成長しているのか、私達も楽しみです(^^)
今日はどうもありがとうございました。
by suimmy | 2011-06-28 18:15 | 学校訪問
e0088256_20115235.jpg
梅雨の晴れ間の6月25日(金)、初めての学校、練馬区立・開進第一小学校に伺いました。
学校公開日に併せて、Swimmyをお招きくださったのです。
この日は、低学年と保護者の皆様へのライブでした。
開進第一小は、地下鉄有楽町線・副都心線「平和台」駅近くのマンモス校。一学年4クラスもあるので、低学年だけといっても、およそ400人の大人数です。

子供達にとって、初めてのSwimmyライブなので、バリエーション豊かにお楽しみいただこうと、民話、二人の掛け合いを楽しんでいただく作品、涙を誘う感動作・・・というラインナップ。
e0088256_20325059.jpg

教科書にも載っている「スーホの白い馬」では、お話の前に、舞台となるモンゴルのことを知ってもらおうと、映像を使って、モンゴルの人々の暮らしぶりを紹介しました。
「スーホの白い馬」は、モンゴルの楽器・馬頭琴(ばとうきん)誕生にまつわる有名なお話ですが、ピアノの生演奏のほかに、馬頭琴の音色も少しお聴きいただくなど、子供達の想像力が広がるような工夫を凝らしました。
e0088256_20415936.jpg
この日の体育館は、冷房もなく、窓からの風もなく、まさに蒸し風呂のような状態。そんな中、馬頭琴の爽やかな音色でモンゴルの草原をイメージし、少しでも涼しさを感じていただけたでしょうか?・・・・・な~んて、無理がありますねf(^^;)
舞台からも、パタパタあおぐ皆様のお姿が見られ、この暑さの中、子供達も保護者の方々も、よくぞ最後までお聴きくださいました。ありがとうございました。
そして、今回、ライブ開催に向けて奔走してくださった3年生クラス役員の保護者の皆様。事前の準備から当日の対応まで、全て遺漏なく進めてくださったこと、感謝いたします。
e0088256_20503579.jpg

               (↑ 終演後、3年生役員の皆様と。)
今日という日が、子供達の思い出に残る1日になっていたら幸いです。
今度は、是非、高学年にもお聴きいただきたいですね。
またお会いいたしましょう(^^)
by suimmy | 2011-06-26 14:08 | 学校訪問
岩手県宮古市の学校へ行ってきました。
盛岡から2両編成のローカル線 山田線に乗り 約2時間。
東京でも前日から猛暑となっていましたが この日は 宮古も 32度 とても東北とは思えない暑さです。
宮古駅へ着きました。宮古駅も あの日 水が来ましたが 今は ホームにお花も植えられ駅舎もきれいになっていました。
まず 宮古駅から 車で約10分、 山口小学校へと向かいました。
e0088256_23302117.jpg
山口小学校は 海からは4キロほど離れていますが 近くを流れている 山口川を黒い波がさかのぼってきたそうです
泣き出す子や恐怖にこわばっている子どもたちを懸命に体育館に避難させ、 児童も先生方も全員無事でした。。


とても怖い思いをした子どもたちですが、ご挨拶も とっても元気!ビシッとお腹から声を出していて気持ちのよいお返事が返ってきました!
e0088256_12415384.jpg
少しでも心の平和を取り戻してほしいと、たのしくて優しい気持ちになれるお話を選びましたが、子どもたちのうれしそうな笑い声にあえて 私たちも 本当にうれしかったです.

水が引いた後は 学校体育館が地域の避難所となり、390人の方たちが寝泊まりしていたそうで、今も37名の方が 避難生活を続けていらっしゃいますが、5~6年生の児童が 自発的に 避難している小さな子どもたちに読み聞かせをしてあげたり、修学旅行でお土産をかってきたりしてあげていたそうです。

翌日23日は 藤原地区の 藤原小学校へお邪魔しました.
e0088256_23502946.jpg
藤原小学校は宮古湾から3~400Mのところにある学校で、やはり 閉射川をつたって登ってきた船が橋を壊し校庭迄押し寄せました。
児童は 毎年避難訓練をしていたおかげで 10分で裏の高台へみんな避難し 全員無事でしが、全校生徒94人中、家を亡くした子供が22人もいます。
それでも子どもたちは お話を聞きながら 「ワァ^ エ~、」っと反応がとっても素直でとっても明るくて素直。
細越校長は、震災後、へ泥にまみれた校庭を見て 新学期再開は無理なのではないかと一時は思ったのですが、二〇日遅れで始業式ができた時には 本当にうれしかったと涙を浮かべて仰っていました。
e0088256_23345287.jpg

子どもたちも 震災後 全国各地からの励ましの手紙やボランティアさんが来てくれたことで、一層 人に感謝する気持ちや 命の大切さを感じて生活するようになった。苦難を乗り越えて 一層素晴らしい子どもたちに育ってくれたと仰っていました。
本当に今回の訪問で、被災地の方々の笑顔にあえてホッとし、また、私たちのほうが元気をいただいてきたような気がします。 

 もっと詳しいお話しは 7月25日(月)杉並公会堂での チャリティーコンサートでお話しします。
 是非 皆さま チャリティコンサート」へ足を運んでください そして 東北を、みんなで長く応援していきましょう!   
by suimmy | 2011-06-22 10:44 | 学校訪問

杉並区永福小学校 

杉並区永福小学校へは 毎年6月 お招きををいただき 今年は5年目になりました。
子どもたちも 「スイミーの朗読会」が 年中行事のひとつになっていて 楽しみにしてくれているそうで、
私たちも 毎年、今年はどんなお話を聞いてもらおうか、子どもたちは どんな反応をしてれるかしらと
わくわくしてゆきます。

今年は、震災もあり 子どもたちもなんとなく不安な気持ちになっているのではないかということもあり、
図書御担当の先生や 学校支援本部のお母様とも相談して
できるだけたのしいお話ばかり選んでみました。
e0088256_18595021.jpg

 おばあさんがみんなが 5歳になって 川を飛び越えたり お魚を獲ったりするシーンでは 「えっ~!!」とか「キャハハハ!」なんて大笑い。
また、少年が竜に乗って川を下るシーンでは  まるで自分が竜に乗っているように ほほをピンクに染めて ニコニコしています。 
読み手と聞き手が、あうんの呼吸というのでしょうか、 心が一体になって 体育館全体が わくわくした雰囲気につつまれました。
e0088256_1905179.jpg
実は 永福小学校へは 震災で被災地からこちらへ転校してきたお子さんもいるそうです。
また、杉並区と災害時相互協力協定を結んでいる福島県南相馬市の学校へ お手伝いに行かれている先生もいらっしゃるのだそうです。

そんなこともあり、永福小学校のこどもたちが 今年の夏休み 7月25日 杉並公会堂で行う 東日本大震災スイミー朗読チャリティーコンサートに協力してくれることになりました。
永福小学校のこどもたちが描いた  
「被災地のこどもたちを応援する絵を コンサートステージのバックスクリーンに大きく映し出します。
みんながどんな絵ができあがるのか とても楽しみです!
e0088256_1913976.jpg


チャリティーコンサートについて詳しくは スイミーホームページの インフォメーションに詳しく載せています。是非皆さんも見に来て下さいね。
 
by suimmy | 2011-06-13 18:04 | 学校訪問
6月11日。あれから3カ月が過ぎました。
e0088256_0572326.jpg
今日は 福島県南相馬市の方たちが避難している 群馬県吾妻町の避難所 コニファーいわびつへ行ってきました。
ここは、元杉並区の保養所でしたが 今は 民間経営となっています。
支配人もまだお若く、いろいろな気配りをしながら 被災者の方たちを支えていらっしゃいます。
ホールの入口には 区内のたくさんの小学校から送られたお手紙や絵手紙が飾られていました

e0088256_0584061.jpg
ここには、 一時期は二五〇名ほどの方が避難されていたそうですが。若い方たちは 次第に職場や子どもさんの学校のことを求めて 福島県や親戚のいる他県に移り始めたそうで、現在は150人余りの方が 避難していらっしゃいます。



e0088256_113970.jpgこの日私たちは 朗読で少しでも心を癒していただきたいと、大人も子供も楽しめる日本昔話やたのしい元気なおばあちゃん小説、そして故郷の詩を皆さまと共に 合唱しました。

故郷の樹形が心に浮かび涙される方も多くいらっしゃいました

e0088256_1123120.jpg
今日はちょうど月命日にあたり 二時四六分 日は市のk方向に向かって、みんなで黙とうを捧げました。
皆さんが 一日も早く 故郷に帰れるように 私たちも 支援を続けてゆきたいと思います。

また、行きます!それまで お体をお大事に
by suimmy | 2011-06-11 20:05 | 施設訪問
e0088256_9462951.jpg
6月命の「命の月間」
この度の震災では多くの尊い命は奪われ、命の尊さをより感じましたが
今日は そんな命の大切さを伝えるお話し「スーホに白い馬」の朗読を
杉並区立第三小学校で モンゴルの馬頭琴奏者バトエルデネさんの演奏と共に致しました。


e0088256_1012294.jpgモンゴルの衣装を身につけて、本物の馬頭琴をもって登場したバトさんに  子どもたちは大喜び。


美しい馬頭琴の哀愁を帯びた音色と共に聞くスーホのお話に、子どもたちは一層感動したようで 思わず涙ぐんでしまって、周りのお友達に冷やかされている子もたくさんいました。


また、モンゴルの遊牧民の生活をスライドを見ながら紹介。
遊牧民の暮らすゲルのことや こどもたちの出場する競馬の大会の話にみんな 興味津津でした。 

e0088256_101355.jpg

杉三小のこどもたちは 震災直後3月に 5~6年生が 自発的に募金箱をつくり被災地への義援金を集めて 被災地へ送ったそうです。みんな、思いやりと優しさにあふれた素敵な子どもたちです。

バトさんも この度の震災後 、モンゴル大使館の方たちと 石巻や気仙沼のの被災地で モンゴルの肉料理の炊き出しをおこなったり演奏を聞かせたりという活動をされてきたそうです。
多くの外国人が、帰国する中 こうして日本にとどまり、被災地をを応援をしてくれる外国人がいることはとても有難いことです。


震災から3カ月がたとうとしています。
被災地には、両親を亡くした震災孤児や、校舎を流され 他の地域の学校に転校を余儀なくさせられた子どもたちも大勢います。被災したのは 人間ばかりではありません、たくさんの馬や牛、ペットも 命を奪われました。そんな中で、私たちはこれまであたりまえだと思っていたことが、あたりまえではなく とても貴重なことだということ、命の尊さに気付かされましたね。

                                               
by suimmy | 2011-06-09 10:17 | 学校訪問