人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

足立区平野にある東島根中学校に行ってきました。

e0088256_2165361.jpgこの学校は、毎年この時期、三年生の卒業を祝う朗読コンサートを開き、Swimmyを呼んで下さっているのですが、去年は東日本大震災の直後で交通手段がなく、どうにも伺うことができませんでした。

二年ぶりの訪問となった3月14日、校舎には春の訪れを感じさせる明るい光が注いでいました。

体育館には卒業式を来週に控えた三年生102名が待っていてくれました。
「小学校の時にも、スイミーの朗読を聞きました!」と話しかけてくれる生徒さんもいて、嬉しくなりました^^

この日のプログラムは、芥川龍之介の「杜子春」、そして東日本大震災の被災地を取材したスイミーのレポート「3・11あの時、そして今」。
e0088256_15451712.jpg先日の小学校での公演ではちょっと子ども達を怖がらせてしまった「杜子春」ですが、さすが中学生、目を(耳を?)そらさず、しっかりと受け止めてくれていました。

また、みなさんは「震災学習」に取り組み、文化祭での発表や研究を行ってきたそうで、プロジェクターで映し出した被災地の取材映像を見つめる目は、とても真剣でした。

プロジェクターといえば、今回の映像の送り出しは先生が引き受けて下さいました。たくさんの先生が協力して下さったことに、深く感謝しています。

朗読の後、私たちに素敵なプレゼントがありました。代表の生徒さんが、私たちに感謝の言葉を述べてくれたのです。原稿も何も持たず、自分の言葉でしっかりと気持ちを伝えてくれて本当に感激しました。
e0088256_22161682.jpg
   東島根中学校三年生のみなさん、19日の卒業式が素晴らしいものになりますように。
   そして、楽しい未来がひろがっていきますように058.gif
by suimmy | 2012-03-15 21:12

2012年3月11日。

日本中が特別な思いで迎えたこの日、Swimmyも、亡くなった方を思い、被災者の方々を思って、杉並公会堂の舞台に立ちました。
e0088256_23142862.jpg

e0088256_2312735.jpg


福島県・南相馬市は、杉並区と「災害時相互援助協定」を結んでいるため、原発事故発生当初から、住民の一部は、群馬県内の杉並区の施設に避難していました。

Swimmyは、少しでも、被災者の皆さんの慰めになれば・・と、去年6月、その群馬県の施設を訪ね、朗読ライブを行いました。

その後も、夏に南相馬市へのチャリティー・ライブを東京で開催したり、9月に南相馬「道の駅」で、そして今年2月に南相馬市の仮設住宅集会所でも朗読ライブを行いました。

その過程で、私達は、多くの南相馬市民と出会い、皆さんの悲しみ、苦悩、怒りの声を伺ってきました。

一年たった今、南相馬市と市民の皆さんが直面している現実、今の心情などを、これまで撮りためた映像と共に、今回のステージでお伝えしました。
e0088256_2315512.jpg
e0088256_23155240.jpg

e0088256_23161481.jpg


南相馬市は、7万1000人だった人口が4万5000人に減り、商店街もシャッターを閉めたところが多く閑散としています。

私達が訪ねた鹿島区の仮設住宅は、町から遠く、食料品は、生協の宅配に頼る日々。

仮設は狭く、荷物も、ほとんど親戚の家に預けているとか。

市内の子どもの数は半分になり、残っている子供達も、自由に外で遊べません。

南相馬の方々は、あらゆる面で不自由を強いられているのです。

私たちが話を聞く事が出来たのはほんの一部の方で、中には家にこもってしまい、心を閉ざしている方も沢山いらっしゃいます。

11日の杉並公会堂の舞台には、私達の他にも、南相馬市からやってきた子供たちによる合唱もありました。
e0088256_23164769.jpg

e0088256_23164926.jpg


日フィルの弦楽四重奏の演奏で、3曲歌い、会場の拍手喝采を浴びていました。

出番を待つ子供達は、無邪気で元気に見えました。

こんな子供達を苦しめてはいけないと強く思います。

これからもSwimmyは、微力ではありますが、息長く被災地とつながってゆきたい!!と決意を新たにした3月11日でした。
by suimmy | 2012-03-12 23:19