スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

クリスマス、お正月・・・と、子供たちにとっては、楽しみな季節が巡ってきましたね♪

12月15日(土)、杉並区の済美教育センターのお招きで、クリスマス・ライブをしてまいりました。

e0088256_2162474.jpg
場所は高円寺の座・高円寺。



e0088256_2181666.jpg








座・高円寺のロビーもクリスマス色に染まっています。







済美教育センターでは、杉並区内の小中学校に通う外国人や帰国子女を支援しています。

この日は、【国際交流の集い】と銘打って、私たちの前には、子供達の日本語や英語によるスピーチがありました。

日本語が覚束ない子供達も、センターの日本語教育により上達。

聴衆を前に、日本語を学び始めた頃の苦労や学校生活の楽しさなどを流暢に話していました。

そんな子供達に楽しんでいただくために、私達が選んだのは、サンタの12か月を描いたお話、そして、貧しいながらもお互いを思いやる気持ちに満ちた若い夫婦の切なくて温かい物語の2作。
e0088256_2128621.jpg
e0088256_21303322.jpg











お話の後には、クリスマス早口言葉で、会場の子供達や保護者の皆様にも、声を出していただきました。

物語の伴奏は、ヴィブラフォン奏者の横山一郎さんにお願いしました。

ヴィブラフォンは鉄琴の一種。

普通の鉄琴との違いは、足元にペダルがあること。

それを踏むと、音が延び、温かみある音色になります。

横山さんは、左右2本ずつ、合わせて4本のマレット(ばち)を操り、ペダルを踏みながら、演奏なさいます。

さらに、ヴィブラフォンに、PCで音を重ね合わせて作った曲を合わせ、お一人でありながら、厚みのある音楽を紡ぎ出していきます。

今回私達をお招きくださった済美教育センターの芹澤芳子先生も【朗読とビブラフォンが、とても合ってました】と大変喜んでくださいました。
e0088256_21413270.jpg

(ヴィブラフォン奏者・横山一郎さん、済美教育センター・芹澤芳子先生と。)

芹澤先生はじめ済美教育センターの皆様には、大変お世話になりました。

皆様に、よいクリスマスが訪れますように(^^)

SwimmyからMerry Christmas!!(^^)/
by suimmy | 2012-12-16 20:42