スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

益々複雑化した世の中で、高齢者の孤立化や
想像を超える出来事が報道されている昨今ですが、
埼玉県蓮田市のは、社会福祉協議会の事業の一環として
高齢者が、気軽にみんなであつまって、おしゃべりしたり 歌を歌ったりする場、蓮田市”歌声サロン”があります。

今回はこの歌声サロンが福祉事業として「朗読セラピー」の会を企画して下さいました。
e0088256_15313067.jpg

会場となった 蓮田図書館は とても大きく立派な建物で 中は 吹き抜けの明るい空間になっっている
開放的で素敵な図書館でした。

対象は、日頃 この歌声サロンに来てくださっている50代から70代後半の方々ですが、
中には お子さんの学校で読み聞かせをしているという 若いお母様方の姿もあり、
また、蓮田市近郊の市町村から足を運んできて下さった方もいらして、
会場の視聴覚室は 予想を上回る 90名の方で 満員御礼となりました。
e0088256_15321076.jpg
最初は 新見南吉の童話「きつね」。宵に新しい下駄をおろすと きつねになってしまうという迷信を聞かされた子どもたちが、新しい下駄をはいた男の子におびえながら夜道を帰る 其の時の心理が実にうまく描かれたお話しで、其々のこどもの頃を思い出す可愛らしい作品です。

2作目は ほろりと涙を流しながらも ジンとこころが暖かくなる 江戸下町人情話。
e0088256_15325426.jpg
途中休憩で 蓮田市の障害者授産施設の方たちが作ったという クッキーが配られ、
これがまた とてもおいしくて 心もお腹も暖かくなり、



ラストは、 露天日で 亡くなったおじいさんの服をジャンジャン売ってしまう 元気で痛快なおばあちゃんのお話しで大笑いしていただきました。 
e0088256_153328100.jpg
帰りみち 常磐道から 夕焼けに染まる富士山まで見えて とっても充実した1日でした。

お世話になった増子様、そして 「歌声サロン」皆様、ありがとうございました。また、お会いいたしましょう!
e0088256_0523534.jpg

by suimmy | 2014-01-31 20:25 | 講演会
1月のSwimmyは、西へ東へと、飛び回っていますが、今日は、町田第二小学校教職員の皆様への音読指導でした。
e0088256_22213096.jpg







町田第二小は、この2年間で、音読指導とライブで合計4回もお邪魔しているSwimmy常連校です。











去年と同様、最初に、音読の基礎となる腹式呼吸、発音発声、感情表現のコツ、間の取り方などを簡単にご説明し、すぐに3つのグループに分かれての個別指導に入りました。
e0088256_22225919.jpg
教材は、いずれも教科書作品で、低学年「お手紙」、中学年「ひとつの花」、高学年「大造じいさんとガン」でした。
e0088256_22234668.jpg
e0088256_22242556.jpg





座学よりも、まずは、お一人お一人声を出し、実践してみていただくことが、上達への第一歩ですので、今年は、個別指導に、より多くの時間を割きました。




そして、各自の読みの癖を指摘したり、改善すべき点をお伝えしたりします。


私達が音読をご指導していて、よく耳にする代表的な悪い癖としては・・・

①「間」の取り方が不十分である。

②助詞の「が」や「は」を変に跳ね上げる読み方をする。

③どうでもいい言葉を強調してしまい、肝心な重要語句が印象に残らない。

が挙げられます。

特に、①の「間」は、朗読やスピーチをする上で、最重要と言っても過言ではありません。

長短の「間」を駆使することにより、時間の経過を表現したり、場面転換を意味したり、心理の綾を描き出したり、重要な語句を強調したり、聴き手の心理状態と共鳴したり・・・という効果をもたらします。

しかし、たいていの皆さんは、「間」による空白が怖いのか、私達が必要と思う十分な長さの「間」を取っていないのです。

「間」を自由自在に使い分けられるようになったら、音読のスキルは、かなり向上します。

自分の読み方の癖は、指摘されて初めて気づくもの。

自分の読みを録音し、客観的に聴いてみることも、癖を認識し、直すことに役立ちます。

お試しください。

今日は、キャリア教育で、たまたま小学校に居合わせた中学生たちも飛び入り参加してくれました。(お疲れなのか、ちょっと眠そうでした(~_~;))

最後に、また全体研修に戻り、私達が「お手紙」を模範朗読して、今日の研修を終えました。
e0088256_2225369.jpg

研修の成果を、少しでも授業に反映させようと、先生方、とても熱心に研修に臨んでくださいました。

明日からの国語の授業・・・各教室から、先生方の力強い音読の声が響いてくることを期待いたしましょう(*^。^*)

写真は、前列左から、山本副校長先生、菅谷校長先生、今研修ご担当だった宮城教諭。
e0088256_2225432.jpg

by suimmy | 2014-01-29 22:42
 毎年恒例となりました、横須賀三浦教育会館の朗読講座。
今年は、親子で音読してみよう「スーホの白い馬」をテーマに、1月18日、25日の2回にわたり、読み聞かせ基礎セミナーを開催しました。

 小学校の教科書にも載っている「スーホの白い馬」ですが、セミナーにも、小学生、中学生の親子や、読み聞かせボランティアをしている方々の参加もありました。
e0088256_18201385.jpg

 まずは、腹式呼吸や母音の正しい発音、また唇、舌、表情筋をしっかり鍛える練習です。
発声、発音の基礎を身につけることは、音読や読み聞かせをするに当たっても、重要なポイント。
e0088256_18352978.jpg

皆さん、練習が進むにつれて、声も大きくなり、表情も明るくなってきました。


 このあとは、2つのグループに分かれて、「スーホの白い馬」を音読しました。
e0088256_18224229.jpg

 音読するに当たっては、スラスラ読むだけでなく、物語の場面や状況をしっかりとらえ、登場人物の年齢や、性格、心情を考えながら読むことが大切になります。そして、豊かな表現をすることで、伝える力も育んでいくのです。

 セミナーの最後には、発表会を行い、グループごとに前に並んで、「スーホの白い馬」の連読をしました。
e0088256_1829199.jpg

 皆さん、少し緊張しながらも、自分の番になると、生き生きとした声と表情で読んでいました♪

 参加者の皆さん、今回のセミナーの成果を、お子さんの音読の宿題のチェックや、読み聞かせの活動などにも、役立ててくださいね!
 また、皆さんに、お会いできるのを、楽しみにしています。。
by suimmy | 2014-01-28 17:05
しばらくご無沙汰だった草苑保育専門学校ですが、4年ぶりにお訪ねすると、まず目に飛び込んできたのが、青色に衣替えした外観。
e0088256_1981153.jpg

若々しい印象に変身していましたが、変わったのは外観だけではありませんでした。

女子校から共学になっていたのです。

しかも男子の生徒数は全体の25%にも達し、都内一を誇っているのだとか!

女性の独壇場だった保育士の世界ですが、ここ何年かで、男性の保育士さんへのニーズが高まったことを実感しました。

2年生100名弱の生徒さん達に、午年にふさわしく、馬が主役のモンゴルのお話と、江戸人情話をお聴き頂きました。
e0088256_19295156.jpg

e0088256_19312958.jpg










お話の間には、読み聞かせのコツをご指導。

腹式呼吸、発音発声、教材を使っての読み聞かせ演習をワークショップ形式で行いました。

本を声に出して読む際は、登場人物の喜怒哀楽を演じ分けなくてはなりませんが、慣れていない方にとって、それは、ちょっと恥ずかしいことのようです。

思いっきり怒ったり、泣いたりしたほうが聴き手に伝わりやすいのに、気恥ずかしさがあって、どうしても、中途半端になりがち。

朗読は、そういう意味で、自分の殻を破る作業も伴います。

ところが、草苑の生徒さん達は、そもそもが小さな子供相手にお仕事をしようという志のある方たちですから、大きな声を出し、恥ずかしがらずに演じることは、お手の物なのでしょう。

e0088256_1924935.jpg

壇上に上がってくださった7人は、一度、ご指導すると、2回目には、思い切りよく演じてくれ、すぐに上達!!頼もしい限りでした。

最後には、Swimmyのように、音楽に合わせて、全員で通して読んで頂くと、仲間の上達ぶりに、会場からは、歓声と拍手の嵐!!

小さい子供達の言語活動に影響を与えるのは、保護者の次には、保育園、幼稚園、学校の先生方です。

是非、今日、学んだ正しい発音発声で、子供達に、色々な本を読んであげ、きれいな日本語を伝えていってくださいね。
by suimmy | 2014-01-22 19:46
もう松も取れましたが、改めまして、皆様、明けましておめでとうございます。

今年もSwimmyを宜しくお願いいたします。

ということで、Swimmyも、快調に、新年会で始動いたしました(*^。^*)

すっかり出来上がっている8人です(~_~;)

e0088256_15254144.jpg


5時間半にも及ぶ新年会。

その間、ほぼ腹筋を使って笑いっぱなしで、これで、今年も、よく響く声で、いい朗読ができそうです(^。^)y-.。o○

有難いことに、2014年も、すでに3月まで、小学校、専門学校、図書館、公民館でのライブや講習会など、ご依頼がビッシリ。

飲んでばかりいたのではなく、その打ち合わせも兼ねた新年会でした。

一般の皆様にもご来場いただけるイベントとしては、2月4日(火)、18:30~19:30、荻窪の杉並区立中央図書館で、【日本国憲法の大切さを考える大人の為の朗読会】があります。
(井上ひさし原案【「けんぽう」のおはなし】【ちいちゃんのかげおくり】【かわいそうなぞう】)

当日先着60名様です。

お近くの方、ご興味のある方・・・多数のご来場、お待ちしております。

毎週金曜日、14:30から、かわさきFMでSwimmyが生放送している【お茶とラジオと朗読と】(月曜、21:00再放送)

年末年始も休まず、放送しておりました。

これからも、知られざる名作の数々で、寛ぎのお時間を・・・と、メンバーで確認し合いましたので、乞うご期待!(^^)!


真夏の8月3日には、杉並区の座・高円寺での公演も決まっていますし、秋にも何かありそうな予感・・・♫

今年もSwimmyは、休むことなく、疾走してまいります!!!  ヒヒ~~~~~ン!!!
by suimmy | 2014-01-11 15:45