人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


杉並区立第九小学校は 子ども達に本物に触れさせたいとの方針で、毎年3学期になると  2年生の教科書にも載っているモンゴルの馬頭琴の生演奏での朗読会を開きます。

e0088256_23381657.jpg演奏はは 世界馬頭琴協会の理事長 アヨーシ・バトエルデネさん。
スイミーとは もう9年来のお付き合いで 全国フェスティバルの準備でお忙しいなかにもかかわらず
子ども達のために 心よく引き受けて下さいました。

本物の馬頭琴の美しい音色に 子ども達もお母様方もうっとり。
なるほど「草原の楽器」との異名を持つほどに 広々とした草原を渡る風のような優しい音色です。
また、オオカミの声や 馬の走る音なども 巧みに演奏し、子ども達の想像力を掻き立ててくれます。

今年はちょうど 近所の阿佐ヶ谷保育園の年長さんが、小学校の見学に来ていて、2年生の授業に参加。
はじめは 好奇心一杯に 声を出す子もいましたが、お話しが進むにつれて すっかりお話しの世界に引き込まれたらしく 大人しく真剣に聴いていました。

e0088256_23402688.jpg


お話しの朗読の後は モンゴルの遊牧民について、プロジェクターで映像を見せながら紹介。
2年生の子供達は 事前にモンゴルや遊牧民についていろいろと予習してあったらしく、
問いかけると 元気に答えてくれました。

また、馬頭琴でオオカミの鳴き声をまねて 何頭かあてるクイズをして、正解した子には
バトさんの馬頭琴に触らせてもらいました。
貴重な経験をできた幸運なお子さんは、それはそれはみんなにうらやましがられていました。
きっと忘れられない思い出になったことでしょう。

e0088256_23412563.jpg
by suimmy | 2014-02-18 22:59 | 学校訪問
先週も雪の降る中、八王子で学校公演を行っていたスイミーですが、今週土曜日も都心部で25センチという記録的豪雪にも負けず、麻布十番駅からすぐの南山小学校にお邪魔しました。

六本木ヒルズのお膝元に位置する南山小学校は創立137周年という歴史ある小学校。まさに都会のど真ん中にあるのですが、この日ばかりはご覧のように校庭はゲレンデのよう、六本木ヒルズと雪道のコラボも、また不思議な感じです。e0088256_2250293.jpg

e0088256_22505789.jpg


スイミーメンバーが到着したのは朝。校門の所はスノーブーツがずぼっとめり込む程の積雪で、挨拶もそこそこに警備員さんと先生方が雪かきをしてくださり、なんとかキーボードを積んだ車を駐車する事が出来ました。

入り口では立派なお雛様がお出迎えしてくれました。
e0088256_23414921.jpg



南山小へのスイミーの訪問は何と今年で9年目!
会場の体育館もすでにストーブで暖めていて下さり準備は万端です!
そしていよいよ朗読会のスタート。
雪の影響で数人は欠席だったようですが、ほとんどの生徒さんが顔を上気させ楽しみに待っていてくれました。
e0088256_23451698.jpg


今日の作品は、怖がりやの男の子が大好きなおじいさんの為に勇気をふりしぼって成長するお話、戦争時代の上野動物園でおきたゾウを巡る悲しいお話、そして有島武郎の「一房の葡萄」を読みました。
e0088256_22535566.jpg


どのお話も最後までみんな上級生を見習って上手に集中してお話を聞いてくれていました。
そういえば、子ども達が並んでいる中に1年生よりもちょっと小さい一群がいたのですが、後で聞いた所、なんと南山幼稚園の園児達も5人,一緒に聞いていてくれてたそうです。楽しんでもらえたかな〜?!

公演後に和田校長先生と福留副校長先生との記念撮影をさせて頂きました。
e0088256_2253521.jpg



そして帰り道は「泳げたいやき君」で有名な麻布十番のたい焼きもしっかり頂いたスイミーです!
e0088256_23462017.jpg


南山小学校の皆さん、毎年呼んで頂いて本当にありがとうございます!
来年もお邪魔できればいよいよ10年目!さらに楽しいお話を準備してお待ちしていますね
また元気な皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!!
by suimmy | 2014-02-16 22:56 | 学校訪問
立春だというのに 東京でも初雪の降った2月4日(火)
杉並区中央図書館で、杉並区職員労働組合図書館分会 自治研究集会は開かれました。
テーマは「いま再び日本国憲法の大切さを考える」
ということで、井上ひさしさんが 生前 小学校の子供達にはなした内容をもとにつくられた
「けんぽうのはなし」という絵本と、「ちいちゃんのかげおくり」「かわいそうなぞう」等、戦争童話を2作朗読しました。

今、国会では 憲法改正が議論されていますが、この 日本国憲法の内容を私達はちゃんと理解しているでしょうか?
戦争体験者が 高齢化し次第に少なくなる中、この憲法がつくられた時の真意とそこに込められた平和への願いがないがしろにされたまま、国民がぼ~っとしている間に 憲法が改正されてしまって 大丈夫でしょうか?

生前 井上ひさしさんは 今の憲法の大切さを子どもたちにもわかりやすく語ってこられました。
平和な日本を受け継いでゆくために、もっとみんなが真剣に考えなくてはならないとあらためて想いました。

雪でご来場者は少なくなってしまいましたが、皆様、とても有意義な会だったと感想を述べられていました。
by suimmy | 2014-02-04 23:30