スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧



e0088256_16370933.jpg
8月5日(金、)スイミーリーディングシアター「ヒロシマ」
 たくさんの方にご来場頂きまして 誠にありがとうございました。

今年のテーマは、「ヒロシマ」。
e0088256_14204653.jpg

今年5月、原爆を落とした国の大統領が 被爆地を訪れ 慰霊碑に献花し 被爆者と抱擁し
核なき世界の実現を訴えました。
この 歴史的な年に 私達も 今一度 原爆の実相に触れ 体験者の生の声を聴いておかなければならないとの思いで 広島を訪れました。

幸いにして メンバーの川村幸の在籍していたテレビ新広島のご協力を頂き、
旧広島2中の卒業生と、当時、市内の路面電車の運転手をしていた女学生たちのことを良くご存じの方に取材することが出来ました



e0088256_16403829.jpg
写真 浅野温生さん 提供

今回の脚本には、
爆心地近くにいた県立広島2中1年生、2年生の証言。
当時、広島市内を走る路面電車を運転していた女学生たちの記録
e0088256_01233917.jpg

そして 原爆投下の第一報を中央へ送った記者の記録を、
爆心地からの距離と時間を座標軸にしてシンクロさせました。
e0088256_21390086.jpg
(参考資料)日本原爆文学 核戦争の危機を訴える文学者の声明編(ほるぷ出版)

いしぶみ 広島二中1年生 全滅の記録 ポプラ社

「チンチン電車と女学生」堀川惠子著 講談社



取材に応じてくださったのは、旧制広島2中の卒業生で当時2年生だった國重昌弘さん。

同じく広島2中の卒業生で戦後中国新聞の記者をされていた浅野温生さん。

広島電鉄の復興に詳しい加藤一孝さん、さらに お母様が被爆者で現在ピースボラン

ティアをされている粟村智幸さん。 

e0088256_21532013.jpg
 

原爆が落ちる以前の人々の暮らしから、原爆投下直後の惨状。戦後の悩。

広島の復興にかけた 人々の努力とパワー、そして 戦後71年経今の率直なお気

持ちを 直にお聞きして 戦後71年度版の「ヒロシマ」オリジナル脚本を書き下ろ

しました。


e0088256_01363487.jpg


一瞬にして 大切な家族の命を奪われ 家も財産も そこにあった夢や暮らし

全てをを奪われた被爆者の苦しみや悲しみ、辛は いつまでも癒えることは

りませが時と共に戦争が風化し 形を変えてゆく昨今ので、自らの中に封印し

てきた体験を 後世に伝えるために語り出した人もいます。

e0088256_01533610.jpg

現在、平和記念資料館で語り部をしている國重昌弘さんは 仰いました。

「ゲンコツをゲンコツで返しても、またゲンコツが帰ってくるだけだ。この体験を語

ることが 核を封じ込める第一歩になると信じている」と。

 

e0088256_11381104.jpg

それは オバマ大統領の訪問を迎えた被爆者の姿にも表れていました。

謝罪を求めるのではなく、共に核なき平和な世界を発信する中心地としての第一歩を

踏み出したのです。

e0088256_14205547.jpg


演出は 青柳由美子さん。
e0088256_01000771.jpg
戦争という辛く悲しい題材でも お客様が希望をもって帰路につける
そんな舞台じゃなくちゃいけないと 彼女はいいました。
そして、その言葉どおりの作品に仕上がりました。
e0088256_01365728.jpg

そして友情出演してくださった 声優の四宮豪さんの熱演。
e0088256_16391553.jpg

また、若い皆さんにも参加を呼びかけ、原爆資料館からお借りした貴重な映像に加え、女子美術大学付属高等学校・中学校の高3有志の皆さんに絵に描いてもらいました。
e0088256_22035124.jpg

音楽プロデュースは 東恵以子さん。e0088256_16494957.jpg 















東さんのピアノと曾我かおりさんのヴァイオリンの生演奏に加え、幕間のフラッシュ モブやエンディングのコーラスに
杉並の音楽教室「おとの森」や 「アミューズメントメディア総合学院の
若い皆さんに参加していただけたことも
お客様に大変好評でした。e0088256_21175854.jpg
















そしてエンディングは 灯籠の明かりに これらの想いをこめて 「折り鶴の歌」を会場にいる皆さんも一緒に歌いながら、悲惨な戦争という過ちが決して繰り返されることがないようにと祈りました。 
e0088256_21383173.jpg

本公演にあたりましては  照明の菅さん 音響の相川さん宮崎さん 映像の若松さん、そして 共催をいただいた 杉並区区民生活部 後援をいただいた
杉並区教育委員会、 一般社団法人児童夢基金の皆さま。
ご協力いただいた 広島平和記念資料館 賢プロダクション 取材や映像協力をいただいた TSSテレビ新広島の皆さま、そのほかにも たくさんの皆様にご協力いただきました。皆さま 誠にありがとうございました。
e0088256_19242892.jpg




 





 




by suimmy | 2016-08-18 01:56 | 言語能力向上
e0088256_16343482.jpgスイミーの夏の恒例となりました 杉並区との共催事業 戦争を語り継ぐ会が 8月5日(金) 杉並区の座・高円寺2にて行われました・

今年のテーマは 「ヒロシマ」

 今年5月に オバマ大統領が 現職大統領としてはじめて 被爆地「ヒロシマ」を訪問、核なき世界の実現を訴えました。
 その歴史的な年に スイミーでも 原爆の脅威を語りつぐため、
e0088256_16405877.jpg


by suimmy | 2016-08-18 01:07