人気ブログランキング |

スイミーの朗読活動・エピソードを紹介します♪


by suimmy

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

朝から厳しい暑さの予感がした7/8(土)は、杉並区立富士見ヶ丘小学校の学校公開日。
e0088256_23512141.jpg



命について考えることのできるお話をとのオファーで、全校生徒およそ380人、先生、保護者100人あまりの皆様を前に、2つの作品を朗読しました。






戦時下の上野動物園。

空襲で、動物園が破壊された場合、象やライオンなどが暴れ出て、人間に危害を加えるかもしれないという心配から、予め、そういう危険のある動物達を殺していた事実を綴ったお話しです。
e0088256_00430253.jpg



飢え死にさせようとするものの、エサ欲しさに、弱った体にムチ打って芸当をする象の姿、耐え切れずにエサを与えてしまう飼育係の葛藤、そして、とうとう訪れる死に、低学年の子供達は号泣していました。
(右は、長靴持参で飼育係に扮する森田都)

二作目も、犬が主役の実際にあったお話です。
e0088256_23591631.jpg




e0088256_23594200.jpg



(マリの話を朗読する長谷川直子)

13年前に新潟で起きた大地震で、壊滅的な被害を受けた村から住民が避難する際、人間優先のため、置き去りにされたペット達。






                        
              (上は16日ぶりに保護されたマリ。頬がこけています。)


三匹の子犬を産んだばかりのマリも、例外ではありませんでしたが、誰もいない、エサもない荒れ果てた村で、迎えが来るまでの16日間、マリは子犬達の命を守り抜いたのです。

ペットを飼っているおうちが多いのか、こちらのお話でも、号泣する子が続出。

e0088256_23523174.jpg
      (左から 長谷川直子、ピアノの東恵以子さん、森田都)


【泣かせちゃって、ごめんなさい】という気持ちになりましたがそれだけ、お話に気持ちを寄せて、素直に反応してくれたことは、語り手冥利に尽きると言えますねe0088256_23530796.jpg

e0088256_00113982.jpg
蒸し風呂のような体育館での公演の後、校長室で、アイスクリームを頂いた時には、思わず、子供のように歓声を上げてしまいました。

お暑い中、ご準備に奔走してくださった先生、保護者の皆様、有難うございました。






(前列左より
高橋副校長先生、学校支援本部の渡辺さん)



by suimmy | 2017-07-08 23:49 | 学校訪問